HKT48・NGT48も参加決定&ビックリマンが“完全復刻” デジタルトレカ『VVID』提供開始

HKT48・NGT48も参加決定&ビックリマンが“完全復刻” デジタルトレカ『VVID』提供開始

 LINE株式会社は、デジタルトレーディングカードプラットフォーム『VVID』を提供開始した。

 『VVID』は、アーティストやアイドル、コスプレイヤーなどの人物をはじめ、アニメ、映画、ホビーなど様々なデジタルトレカをコレクションすることができるデジタルトレーディングカードプラットフォーム。アイドルが自宅で撮影した動画や、アーティストが笑いかけてくれる動画、アニメ・漫画のワンシーンを切りとったカードなど、デジタルならではの特性を活かした限定コンテンツを“デジタルトレカ”として集めることができる。

 また、デジタルトレカには、スマホの画面を“指で擦る”ことで隠れていた動画や画像が見れたり、スマホを傾けることで背景がキラキラ光ったりする特殊な仕掛けも、カードと一緒に楽しむことができる。

 そして本日より、でんぱ組.inc、ビックリマンといったアイドルや人気キャラのデジタルトレカを初期ラインナップとして販売開始。今秋には、HKT48とNGT48のデジタルトレカも販売が決定した。それぞれのアイドルのMVと連動したデジタルカードやVVID限定の撮り下ろしコレクションなども今後展開していく予定だ。

 また、コレクションを集めるファン同士で、カードのトレーディング(売買・二次流通)も可能。カード発行No.(シリアルナンバー)が登録されており、手に入れたカードを出品したり、希少ナンバーのカードをはじめ、集められなかったカードや、レアなスペシャルカードをストアで手に入れることもできる。

ビックリマンシールがデジタルで完全復刻

 本日より販売する『ビックリマン第一弾コレクション(No.1〜6)』では、各キャラクターシールがデジタルトレカとしてよみがえる。ホログラムやレアシールの再現だけではなく、ビックリマン史上初の動画としてキャラクターが動いたり、裏面のフレーバーテキストの再現などを楽しむことができる。今後は「ヘッドロココ」、「魔肖ネロ」、「始祖ジュラ」など人気の根強いキャラクターを含む、すべての『ビックリマン』シールコレクションを販売予定だという。

『ビックリマン第一弾コレクション(No.1〜6)』キャラクター
スーパーゼウス、桃太郎天子、きびだんご三助、鬼ガシ魔、お救い観音、お助けさん、お邪魔王、ゴッドマングース、ミスター助っ人、妖怪スネーク魔人、三象法師、助太刀悟空、トン魔戒、火除け如来、火消し助六、火炎魔動、天神さま、助勉、鈍魔

■概要
デジタルトレーディングカードプラットフォーム『VVID』
サービス地域:日本
サービス開始日:2020年8月19日
価格:ダウンロード無料(アプリ内課金)
開発・運営:LINE株式会社
サービスサイト
公式Twitter
公式note
App Store
Google Play

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる