『水溜りボンドのANN0』第19回おさらい 占いに懐疑的な二人が手のひらを返す一部始終

けん玉協会も放っておかない男・カンタ

 6月15日より、“100日後にけん玉名人になるかもしれない男”と題して、毎日Twitter上でけん玉の特訓動画を黙々とアップしているカンタ。いつか企画で使おうと、トミーハウスに放置されていたけん玉を何気なくやり始めたことがきっかけとなり、現在60日目を目前としている。最初は玉を各場所に移動させるスタンダードな技しかできなかったカンタだったが、徐々に大技を繰り出せるようになり、最近では得意の動画編集を活かしたCGでのけん玉を動かしたり(!?)、北の打ち師達・はるくん(けん玉が非常に上手い)やトミーが登場したりと、1分程の動画ながらも見逃せないコンテンツに成長している。

 そしてついに、先日発表された水溜りボンドの夏グッズとして、“100日後にけん玉名人になるかもしれない男のけん玉“という、水溜りボンドカラーである青い玉に、カンタの似顔絵がかかれたオリジナルけん玉を発売。けん玉動画を毎日アップする謎の青年の噂は“日本けん玉協会”の耳にも届いているようで、「けん玉世界チャンピオンを試験官に、試験を受けてみますか?」との誘いも受けていると語った。

 ラジオ放送後の8月12日の投稿には“けん玉検定:ベーシック2級合格”の報告もあり、着々と腕を磨いているカンタ。先月にはあの木村拓哉も自身のネット番組『木村さ~~ん!』(TOKYO FM × GYAO!)内で、“けん玉検定”にチャレンジしており、4級を獲得するなど、けん玉は密かなムーブメントを見せているようだ。カンタが主役のニュースが多い中で、最近ではリスナーに“じゃない方”とすら言われるトミーいわく、「毎年の紅白(歌合戦)でのけん玉ギネスチャレンジ出演をカンタは狙ってる。それで、芸能人の連絡先をさらに片っ端からゲットする気だ」とその思惑(トミー説)も暴露したが、100日後、彼がいったいどうなっているのか、ぜひ楽しみに待ちたいと思う。

今週リクエストされた楽曲をチェック!

 『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』では、Twitterのハッシュタグ #水溜りボンドANN0 でリクエストされた楽曲を放送でかけるといった試みを実施中。彼らの番組を隅々まで楽しみ尽くしたい人はチェックしておくといいだろう。

「夏を生きる」緑黄色社会 https://www.youtube.com/watch?v=I6VkVm4J3bM
「HELLO」Official髭男dism https://www.youtube.com/watch?v=p1qM75a9FeE
「感電」米津玄師 https://www.youtube.com/watch?v=UFQEttrn6CQ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる