iPhone12シリーズ4機種は2段階に分けてリリースか、Appleサプライヤーが示唆

iPhone12シリーズ4機種は2段階に分けてリリースか、Appleサプライヤーが示唆

 iPhone12シリーズは、例年の9月下旬より数週間遅れることが、Appleにより確認されたが、4つのモデルが2段階に分けてリリースされることが、新たに示唆されている。

リリースは例年の数週間遅れで10月が有力

 AppleのCFOであるLuca Maestri氏は、第3四半期の決算説明会で「昨年は9月下旬にiPhoneを販売を開始しましたが、今年は、その数週間後になることを見込んでいます」と述べた(参考:https://9to5mac.com/2020/07/30/apple-confirms-2020-iphones-will-launch-a-few-weeks-later-than-usual/)。

 事前に、発売時期を示唆するのは異例だが、今年は、世界中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るい、渡航制限、部品の供給、労働力の不足等で、iPhone12シリーズの生産にも遅れが出ていると言われていた。

 iPhone11シリーズは、2019年9月20日にリリースされたため、2020年は10月頃になることが濃厚だ。

発売は二回に分ける形に?

 まず6.1インチの2モデル「iPhone 12 Max」と「iPhone 12 Pro」がリリースされ、その後に5.4インチの「iPhone 12」と6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」の2モデル、というふうに2回に分けられるだろう、と『Appleinsider』は報じている(参考:https://appleinsider.com/articles/20/08/03/apple-may-split-iphone-12-release-into-two-phases)。

 この情報をAppleのサプライチェーンから入手した台湾メディアDigitimesは、注文のピークが通常より2〜4週間、遅れて第4四半期になると予想している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる