PS5が生産台数を倍増ーー年内1000万台販売に向け、強気の展開へ

PS5が生産台数を倍増

PS4は1000万台を売るのに9カ月を要した

 『Eurogamer』は、PS4の販売台数が1000万台に到達するのに、2013年11月のリリースから2014年8月まで9カ月を要したと伝えている(参考:https://www.eurogamer.net/articles/2020-07-15-sony-dramatically-boosts-playstation-5-production-this-year-reports)。

 ソニーは今回、PS5スタンダード・エディションと同時に、初めてディスクドライブのないPS5デジタル・エディションを販売。パーツ数が少ない分、価格は低く抑えられていることが予想される。これにより、消費者にとっては手が届きやすくなるかもしれない。

 忘れてはならないのは、同時期に競合する家庭用ゲーム機Xbox Series XもMicrosoftからリリースされることだ。しかし、ソニーの今回の思い切った判断を見る限り、今年のゲーム機戦争に、かなりの自信があるようだ。

■Nagata Tombo
ライターであると同時にIT、エンタメ、クリエーティヴ系業界にも出入りする。水面下に潜んでいたかと思うと、大空をふわふわと飛びまわり、千里眼で世の中を俯瞰する。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる