渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」始動 攻殻機動隊 SAC_2045とのコラボ企画も実施

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」始動 攻殻機動隊 SAC_2045とのコラボ企画も実施

 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、自宅からさまざまなイベントの開催、参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を5月19日からオープンすることを発表した。

バーチャル渋谷ガイド:バーチャル渋谷の魅力を紹介 #渋谷攻殻 NIGHT by au 5G

 今回のバーチャル渋谷プロジェクトは無料で参加可能で、スマホやパソコンから簡単に参加可能だ。バーチャルVR空間を提供している「cluster」で無料アカウントを作成し、アプリをインストールすれば簡単に参加することができる。実際の渋谷の町並みを元に作成されており、自由に歩き回ることができるのも特徴の1つだ。他の参加者の姿を見ることもできるので、人が行き交う渋谷を体感できるだろう。

バーチャル渋谷 体験ビデオ

『攻殻機動隊 SAC_2045』

 今回のバーチャル渋谷はNetflixオリジナル作品『攻殻機動隊 SAC_2045』とコラボしており、バーチャル渋谷には攻殻機動隊にちなんだオブジェクトが数多く設置されている。攻殻機動隊のマスコット的存在「タチコマ」も設定されており、攻殻機動隊ファンにとっても注目のイベントになるのではないだろうか? 

 バーチャル渋谷は5月19日のオープニングイベントからしばらくの間、公開される予定だ。オープニングイベントも無料で参加可能なので、ぜひとも参加してみて欲しい。

 オープニングイベントには、若槻千夏、DJ LOVE(SEKAI NO OWARI )、宇川直宏、アンジュ・カトリーナさんが登壇予定となっている。登壇するキャストの選定基準には「攻殻機動隊が好きかどうか」も含まれているとのことなので、かなりディープな話を聞けそうだ。渋谷好きも攻殻機動隊好きも楽しめる”ディープなイベント”になることは間違いないだろう。

#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G – もう1つの渋谷で、『攻殻機動隊 SAC_2045』を愛する有名人が語り合う!

状況次第で今後も継続、拡張も?

 プレス向け発表会では今後の状況次第で、攻殻機動隊とのコラボ後もバーチャル渋谷を公開する可能性があると発言。今回のイベントでは駅前の交差点から109あたりまでが再現されているが、再現する範囲の拡張もありゆるとのことなので、今後はバーチャルでも渋谷を楽しめる時代が来るのかもしれない。今回のイベントは本格的なVR機材を持っていなくてもスマホやパソコンから簡単に参加できるとのことだ。

■イベント概要
『#渋谷攻殻NIGHT by au 5G』
テーマ:攻殻機動隊初心者講座と『攻殻機動隊SAC_2045』のココがスゴイ!
日 時:2020年5月19日 19時00分~19時45分
出演者:
・渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー: 若槻千夏
・アーティスト: SEKAI NO OWARI“DJ LOVE”
・S/U/P/E/R(スーパー) DOMMUNE(ドミューン) 代表: 宇川直宏
・にじさんじ所属バーチャルライバー : アンジュ・カトリーナ

オープニングイベントURL

参加方法:
バーチャル渋谷は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macからご参加いただけます。
参加にはclusterの無料アカウント作成と、ご利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールが必要です。
またイベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitterでも同時中継します。
参加はこちらから

1. clusterアカウント作成
clusterのウェブサイトにアクセスいただき、画面右上の「ログイン/新規登録」からアカウントを作成してください。

2. アプリダウンロード
こちらより、ご利用になられるデバイス用のclusterアプリをインストールしてください。
なおVRデバイスを使用してのご利用には、clusterアプリのほかSteamVRのインストールが必要

3. イベントへの参加
「#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G」のイベントページにアクセス後、
ページ下部の「会場に入る」というボタンをクリックするとイベントに参加できます。
※アプリがダウンロードされていない場合は、自動的にインストーラのダウンロードが始まります。また、ライブ配信を視聴する場合は、
以下のURLよりご覧いただけます。
YouTube Live
渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitter

■「バーチャル渋谷」概要
「バーチャル渋谷」では主に2つの体験をお楽しみいただけます。
 1つめの体験は、バーチャルイベント会場で開催されるさまざまなオンラインイベントです。お客さまはご自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加できます。アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、たくさんの観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントをお楽しみいただけます。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開してまいります。イベント会場は、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっております。

2つめの体験は、これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツです。リアルな渋谷とつながったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツをお楽しみいただけます。XRコンテンツは、リアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものを展開。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張していきます。

(1)コンセプト
・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」をバーチャル空間上に構築。今後、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」参画企業等とのコラボレーションを予定。
・渋谷を代表するスクランブル交差点のスポットを回遊可能。スポットは随時拡大予定。
・各スポットでは、リアルな“渋谷”と同様にアーティストによるライブや、トークショー、
 アート展示などのエンターテイメントが体感できるオンラインイベントを随時開催。
・5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、どこからでもアクセスでき、時間や場所など従来の制約を超えた5G時代のエンターテイメントを提供。
・リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)のデジタルとリアルが融合する世界を実現。

(2)利用料金
  無料

(3)協力企業
クラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:加藤直人):バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営。バーチャルイベント会場において「cluster」を用いた技術協力。
株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩):VR/ARクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供。デジタルツイン(ミラーワールド)において「STYLY」を用いた技術協力。

■渋谷 5G エンターテイメントプロジェクト新参画企業
 「渋谷 5G エンターテイメントプロジェクト」では、これまでの 33 社に加え、新たに 17 社を 加えた合計 50 社の参画企業だけでなく、渋谷に携わるさまざまなカルチャーや、渋谷とともに生 きる人々と次世代の渋谷を創造していきます。
渋谷 5G エンターテイメントプロジェクト

新規参画企業名:
カシオ計算機株式会社 / kakimoto arms / 株式会社ピクス / 東京メトロポリタンテレビジョン株式会社 / 株式会社イマジカデジタルスケープ/ 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント / ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 / ぴあ株式会社 / みずほ情報総研株式会社 / 株式会社みずほ銀行 / 株式会社プレイブレーン / クラスター株式会社 / SUPER DOMMUNE / MOMENT FACTORY / 株式会社 クリエイティブマンプロダクション / 株式会社ナターシャ / SHOWROOM 株式会社

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!