iPhone 12は衝撃の安さに? 主要5G Androidスマホより安価との報道も

iPhone 12は衝撃の安さに? 主要5G Androidスマホより安価との報道も

 早ければ今年秋のリリースが見込まれるiPhone 12。この価格が衝撃の安さになるかもしれない、とのリーク情報が明かされた。

 正確な先行情報に定評のある『Front Page Tech』のJon Prosser氏は、iPhone 12の価格について「6.1インチのiPhone 12は、明らかに現在の700ドルの6.1インチiPhone 11の後継モデルです。つまり、6.1インチモデルの価格が上昇しています」とツイートした。

 彼いわく「これらの価格は、iPhone SEの発売日をすっぱ抜いたのと同じ情報源から提供されたもの」だという。リリース時期までまだ時間があり、変更される可能性もあるとのことが、これが現在Appleの予定している価格だと見てまず間違いないだろう。

大幅アップグレードも値段はほぼ据え置き?

 『Forbes』はこれを受け「Appleの新型iPhone価格が明らかに、iPhone 12サプライズ」という見出しで報じている(参考:https://www.forbes.com/sites/gordonkelly/2020/04/30/apple-iphone-12-price-changes-release-upgrade-iphone-11-pro-max/#6f185cdb6fe0)。

 リリースされると思われるiPhone 12モデルの大まかな仕様と価格は次の4通りだ。

・5.4インチのiPhone 12(コードネーム:D52G):OLED / 5G-デュアルカメラ-649ドル
・6.1インチのiPhone 12(コードネーム:D53G):OLED / 5G-デュアルカメラ-749ドル
・6.1インチのiPhone 12 Pro(コードネーム:D53P):OLED / 5G-トリプルカメラ- LiDAR-999ドル
・6.7インチのiPhone 12 Pro Max(コードネーム:D52G):OLED / 5G-トリプルカメラ- LiDAR-1,099ドル

 まず、これらの価格はセンセーショナルということだ。現行iPhone 11モデル(699ドル、999ドル、1099ドル)と大幅に異なることはないかもしれないが、5Gが追加されることを考えると注目に値するという。Samsungは、Galaxy S20に5Gを採用したことで、価格を20%も引き上げることを余儀なくされ、999ドルからとなっている。

 次に、AppleはiPhone 12のエントリーモデルを 50ドル引き下げ、ベゼルなしの設計により4.7インチのiPhone SEに近いサイズの新しい5.4インチのモデルを発表する。6.1インチのモデルでは50ドル増額だが、5GだけでなくOLEDディスプレイも追加されている。

 全てのモデルでノッチを縮小している。また全機種に使われるOLEDは、120Hzの高リフレッシュレートのProMotionディスプレイだ。Appleの新しいA14チップセットは、MacBook Pro相当のパフォーマンスを誇るという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!