松坂桃李、中村倫也に続きYouTubeに降臨 “彼氏の距離感”で「次はゲーム実況でも(笑)」

 俳優の松坂桃李が5月3日、所属事務所トップコートの公式YouTubeチャンネルに「松坂桃李より」と題した動画を投稿した。

「松坂桃李より」

 松坂は、ここ最近、YouTube配信に熱意を持って取り組んでいる俳優の中村倫也と同じ事務所だ。松坂が事務所のオフィシャルYouTubeチャンネルに動画を投稿するのは今回が初めてで、「みなさんのおうち時間のほんの少しでも時間つぶしになりますように」とメッセージを添えつつ、7分22分にわたる動画を公開した。

 動画の冒頭で松坂は「どうもみなさん、こんにちは、こんばんわ。松坂桃李です。なかなか現在は開放的になれない日々の中、皆さんも思い思いの時間をお過ごしなんじゃないかなと思っています。なかなか掃除できないところを掃除してみたり、作ったことのない料理に挑戦してみたり、聴いたことのないジャンルの音楽を聴いてみたりとか、それと録画したドラマや映画を観たりして過ごしているんじゃないかなと思います」とコメント。それから「何の映画・ドラマを観ていいかわからないよって方もいるんじゃないかなと思います。そんな方に僕が観た中の、オススメの作品をザザッと紹介できたらと思います」と今回の動画のテーマを明かした。

 松坂は「この動画は大分、見切り発車で撮っているのでどう紹介していいのか分からないんです(笑)」と説明しつつも、DVD / Blu-rayのディスクが大量に収納できるソフトケースをパラパラとめくりながら、オススメの作品を紹介していった。その中身は渥美清主演作の『男はつらいよ』や、木村多江、リリー・フランキーW主演作の『ぐるりのこと。』、そしてジブリ作品の数々も収納されていた。


 洋画では大ヒット作『ジュラシック・パーク』『スター・ウォーズ』を指し、「家族で楽しめるし、いいんじゃないですかね。特に男の子は好きな作品だと思います」と過去の自分と照らし合わせているのか、そんな紹介もしていた。また、俳優のマット・デイモンが好きだという松坂は「『グッド・ウィル・ハンティング / 旅立ち』の時のマット・デイモンがすごく好きなので、まだ観ていない方はよかったら観てみてください」とレコメンドした。

 他にも数々の作品について触れていたが、驚きなのはディスクのジャケットとタイトルを見ただけで、すぐに内容を語りながら“家族で観るのにオススメ”だとか“男の子は好きなんじゃないかな”とどの層に響く作品なのかを瞬時に振り分けているところ。たくさんの映画を観てきたからこそ、出来ることなのだと思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!