赤西仁&錦戸亮&山田孝之&小栗旬の“豪華すぎるリモート飲み会” 今後どんな広がりを見せるのか?

 赤西仁と錦戸亮が立ち上げたYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」に4月24日、26日、山田孝之と小栗旬を招き、4人でリモート飲み会をする動画が投稿された。

NO GOOD TV – Vol. 4 | RYO NISHIKIDO & JIN AKANISHI & SHUN OGURI & TAKAYUKI YAMADA

 はじめに、この4人が集まることになった経緯を簡単に説明したい。「NO GOOD TV」の企画として赤西と錦戸は「知り合いに電話をしてみよう」という試みを実行した。そこで、赤西が10代の頃から仲が良い山田に電話して、出演させることに成功。3人のトークは盛り上がり「この中に、もう一人誰か入れよう」という話になった。そこでこのほど、赤西と山田の共通の友人である小栗が招へいされ、かくして、4人でのリモート飲み会が実現するに至ったというわけだ。

 社交的な赤西に対して、錦戸は人見知り。ほとんど面識のない小栗からWEBの画面越しに、「初めましてじゃないけど、ほぼ初めましてみたいな感じですね」と挨拶されると、「あっ、そうですね。はじめましてじゃないですね。あっ、ちゃんとしゃべったことないですね。すいません、いきなり」と、緊張を隠し切れない。そんなへこへこする錦戸の姿に、赤西と山田は爆笑していた。

 その後、赤西のアシストもあってお互いを「旬くん」「亮ちゃん」と呼び合い、リモートで酒を酌み交わしているうちに少しずつ打ち解けていった錦戸と小栗。少し酔いが回ったのか、小栗が間違って「錦戸くんは……」と言うと、「亮ちゃんでしょ?(笑)」と訂正したりもしていた。

 今回の酒宴は間違いなく、赤西なくしては成立していない。酒の勢いで顔を赤くした錦戸が「仁は仲間を作るのがうまいよね。ほんとに思う」と、普段言えないような本音を吐露した。

 しかし小栗は「仁は絶対うまくないと思う。まず媚び売らないから」と違う見解らしく、「仁の本当に素晴らしいなと思う点は、『俺は俺のやりたいようにやる。誰に好かれようが嫌われようがどうでもいいんだ』っていうスタンスで走っているのにもかかわらず、結局、どこかの誰かがそれに興味を持って『この人のやること観たいな、追いかけたいな』と思わせるエネルギーがあることなんだと思うんだよね」と分析した。

 続けて、「仁と孝之とやることってワクワクすることが多くて、『あ、そんなラインも飛び越えちゃうんだ』みたいな。逆にいうと俺は『芸能界ってこういう感じだぜ』みたいな中で、何かやれることはないかなと模索している時に、孝之や仁としゃべると、『えっ、旬くん、まだそんなところでモタモタしてんすか?』って平気で言ってくるから、うるせえなと思いつつ、そこが俺のすごく好きなところだったりするんだよね」と小栗。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!