Snow Manが教えてくれた“日々を学びに変えていく力” 復活の「阿部ちゃん先生」動画を見て

 新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活は一変。リモートワーク、リモート飲み会……など、様々な工夫がなされているなかで、人気ジャニーズグループSnow ManがYouTubeの公式チャンネルにリモートスタイルで登場。“おうち時間“を報告し合う動画『「グループ通話で近況報告」盛り上がった!』をアップすると、まるで視聴者がそのグループ通話に参加しているような感覚が味わえると話題に。

Snow Man「グループ通話で近況報告」盛り上がった!

 さらに、報告だけにとどまらず「企画みたいなのを考えたいよね」という渡辺翔太の発案で、このスタイルでできる動画企画について話し合うことに。すると、深澤辰哉が「答えられるのは、1人1回だけです」とメンバーからの提案をゲーム性のある展開に。

 「1回だけ?」と困惑しながらもまっさきにアイデアを発信したのは、向井康二。「ダテ(宮舘涼太)がキッチンで料理をしている風景を残りのメンバーが、ただただ見るだけ!」と語り、「それは視聴者だね」とメンバーからツッコまれながらも、笑いを誘う。一方の宮舘は「自分で作って自分で食べて終わりってこと?」とちょっぴり残念そうだが、今は毎日料理をしていることから「やっぱこんなときだからこそ」と頷く。宮舘のプライベート料理が見られる日も近いかも知れない。

 さらに、佐久間大介からは「絵しりとり」が飛び出すと、さすが優等生の阿部亮平がおそらく自分で用意したホワイトボードに議事録を記し始める。加えて「今までやった企画をリモートでもう1回やってみるっていうのも面白そう」と発案。人狼ゲーム、クレーンゲームなどのリバイバル企画で盛り上がる中、渡辺が「入学式とか学校に行けていない子たちもいるかもしれないみたいな。やっぱ、こういうときこそ『阿部ちゃん先生』でしょ!」と切り込む。

 いつでもどんな意見に対しても、基本的には否定をしないSnow Man。だが、この声には特に賛同の意を示すメンバーたち。「家で授業しようって、みんなで」と続ける渡辺に、「いいね!」の声が重なった。

 そして、早速4月18日に『「3年J組 阿部ちゃん先生」オンラインでやってみた!』の動画がアップされた。企画について話し合われた前回の動画から、わずか5日後に投稿されるというスピード感。これぞYouTubeならでは。

Snow Man「3年J組 阿部ちゃん先生」オンラインでやってみた!

 念の為、おさらいだが『3年J組 阿部ちゃん先生』とは、彼らがCDデビューする前『ジャニーズJr.チャンネル』にて展開されてきた人気コーナー。「大切なことは全て、阿部ちゃん先生が教える!(決めポーズ)」を合言葉に、上智大学大学院理工学研究科修了&ジャニーズ初の天気予報士という、秀才な阿部亮平が先生役となって、クイズを出題。メンバーのおもしろ回答を斬りつつ、ためになる知識も身につくという、まさに楽しく役に立つ「一石二鳥」のコーナーだ。

 「今回は教室に集まれないのは残念ですけれども、代わりにこうやってオンラインで授業をしたいと思います」と、すっかりなりきった口調にも安心感が漂う。後ろの壁にはしっかり「Stay Home」の文字も光る、さすが阿部ちゃん先生。さらに、家で宿題などを行なう学生たちのために、勉強メソッドを披露。モチベーションを上げて勉強するために、阿部ちゃん先生が自ら行なっていた“音楽を聴くきながら勉強法“を解説。「歌詞が入ってなかなか集中できないのでは?」という疑問にも答えているので、ぜひ自宅学習をする方は参考にしてみてはいかがだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!