“YouTuber通”の島崎遥香、動画デビューでファンイベント出演に意気込み?

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる2020年、新たなチャンネルをピックアップするとともに、その方向性や内容を検証する本企画。この1週間前後では、司会でも大活躍のお笑いタレントや元&現役アイドル、スポーツ選手など、バラエティ豊かな面々がYouTuberとして活動をスタートさせた。

宮下舞香「宮下舞花 『With songs』」3月23日デビュー

【女性が歌う】Pretender/Official髭男dism(covered by 宮下舞花)

 2005年にダンス&ボーカルグループのPower Ageに加入し、解散後の2011年にソロデビュー。2014年にはアイドルグループの放課後プリンセスに「舞香」として加入し、メインボーカルを務める。2018年には「宮下舞花」として再ソロデビューを果たした。

 そんなアイドル/アーティストの宮下舞花が、彼女の大好きな“歌”をテーマにした個人チャンネルを開設。まずはOfficial髭男dismの「Pretender」や久保田利伸の『LA・LA・LA LOVE SONG」など、男性歌手のカバーを披露した。

 彼女の透き通るような歌声が、キーボードのしっとりとしたサウンドにのると、聴きなれた名曲も新鮮に聴こえるから不思議だ。次の楽曲も楽しみにしたい。

池谷幸雄「池谷幸雄体操俱楽部【IGC】」3月26日デビュー

池谷幸雄、公式YouTubeチャンネル開設のお知らせ

 ソウル五輪、バルセロナ五輪に出場し、2大会連続でメダルを獲得した元体操選手の池谷幸雄。現在はタレントとして活躍するかたわら「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、子どもたちの指導にあたっている。

 そんな彼が、「日本中の子供たちに生まれてすぐ体操教室で体操を習ってもらいたい」との思いからYouTubeチャンネルを開設。1本目の動画では、小さな頃から体を動かすことの大切さを語っている。

 今後は、村上茉愛選手も輩出した、オリンピックを目指す子どもたちが集まる「ジムナストクラス」協力のもと、体の動かし方や技・教え方・練習の仕方・補助の仕方を丁寧にわかりやすく解説していくそうだ。新型コロナウイルスの影響で運動が難しいなか、自宅でできるトレーニング動画なども需要があるかもしれない。

遠藤章造「ココリコ遠藤のヘンなカタチ」3月28日デビュー

クセがありすぎる『I LOVE YOU/尾崎豊』歌ってみた。

 人気お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が個人チャンネルを始動。1本目の動画では、同じく吉本興業所属のお笑いタレントで、YouTuberとしても大活躍しているカジサック(キングコング・梶原雄太)をゲストに迎えた。

 動画では、先輩YouTuberのカジサックからアンチコメントへの心構えや、視聴者との関わり方を教えてもらう。カジサックは、多趣味で多才な遠藤への期待から「このチャンネル無敵だと思う」と太鼓判を押していた。

 YouTubeでは「楽しいこと、アホなことを配信していきたい」と話す遠藤。2本目の動画では、“好きな歌を愛ゆえに歌った結果(?)、クセのある歌い方になった”というカラオケシリーズ「クセありソング」で、尾崎豊の名曲『I LOVE YOU』を披露。動画の最後には、スタッフが特にクセが強めだったポイントにツッコんでいく(ここもジワジワと笑える)。この動画は、急上昇ランクにも躍り出るほどの注目度だ。

 これからも彼の持ち味を生かした企画や、ほかの芸人YouTuberとのコラボを楽しみに待ちたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!