『テラスハウス』東京編:第33~36話ーーホラー、コメディ、ロマンスの三種盛り贅沢展開へ

『テラスハウス』東京編:第33~36話ーーホラー、コメディ、ロマンスの三種盛り贅沢展開へ

快と花のロマンス、社長のスタンダップコメディ

花、快

 35th WEEK。クリスマスイブの夜。社長が夢に腹筋運動を見せていた一方その頃、男子部屋では快が花を呼び出し、「気になってる」とついに想いを漏らす。すると花はいつものように顔を手で覆って照れを隠しながら、「今までは友だちだと思ってたけど……」「前の感情とは違います、はい……」と細切れになりながらも快に気があることを伝える。うまく言葉にできず平常心でいられない花が「ごめん、普通に喋んなきゃダメだよね」と言ったときの快の返答「いや、別に全然花でいていいよ」が全視聴者の心に突き刺さっただろう、一連の愛おしいやりとり。東京編イチの胸キュン展開を経て、花と快のロマンスが大きく盛り上がりを見せている。

 そんな快が次の一手を打つために水族館デートを計画していたら、社長が夢を連れて「ジョインする」とまさかの参加表明。このイベントは、社長主導の1泊2日京都旅行にまで発展し、社長の勢いはブレーキが付いていない車みたいに低下しない。もうこうなってくると、社長の行動はすべて“コメディ”であると捉え直したほうがいいのかもしれない。丸坊主にして気合いを入れる快に対して、スタジオでは、スタンダップコメディはもっと軽快な姿勢のほうがいいんじゃないかと苦言が呈され、「にぃにぃのスタンダップコメディが見たい」という流れに至っていた。

 「23年間の最高のデートプランを考える」と夢に向かって高らかに宣言する志遠の奮闘も気になりながら、やはり社長が体現するコメディ&ホラーな奇行の行方から目が離せないのである。

■原航平
1995年生まれ、映画好きのライター。「クイック・ジャパン」などでも執筆。
Twitterブログ

■番組情報
『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』
2019年5月14日よりNetflixにて毎週火曜に新エピソード先行配信(4週に1週休止)
2019年6月11日よりFODにて毎週火曜深夜0時に配信予定(4週に1週休止)
2019年7月よりフジテレビにて、地上波放送予定
(c)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!