キスマイ玉森裕太、“絵しりとり”でまさかのルール違反? 自由すぎる発想に「これ、天才だよ」

キスマイ玉森裕太、“絵しりとり”でまさかのルール違反? 自由すぎる発想に「これ、天才だよ」

 Kis-My-Ft2の冠配信番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)の第56話が2月28日に配信された。今回は、おなじみ「キスマイ戦隊メモレンジャー」と、「いきなりクイズ」の2コーナー。今回もワイワイ楽しそうなKis-My-Ft2の姿が見られた。

 まずは「キスマイ戦隊メモレンジャー」から。今回、悪役を務めるのは藤ヶ谷太輔扮する悪の帝王・デーモン藤ヶ谷。姉を人質にとられた愛華ちゃん(小学5年生)とともに、メモレンジャーたちが絵しりとりで、デーモン藤ヶ谷の成敗を目指す。勝負スタート前、デーモン藤ヶ谷から「早口で『ショッキングピンク』って10回言ってみ」とふられた横尾渉。だが、なぜか5回しか言わず、邪悪ベイダーから罰ゲームを受けるはめになってしまった。

 こうして“オープニングセレモニー”的な罰ゲームも終わり、早速1st Challengeが始まる。しりとりのスタートは、デーモン藤ヶ谷が描いた「りんご」から。玉森裕太、横尾、二階堂高嗣と奇跡的につながっていき、画力に不安がある宮田俊哉も、「最高傑作じゃない?」(二階堂)とメンバーに評されるほどの絵を描きあげる。一人ひとりが的確な絵を描いたことが功を奏して、しりとり自体もかなり惜しいところまで成立するが、一人が解釈を間違ってしまい崩壊。チャレンジ成功とはならなかった。罰ゲームに選ばれたのは、その戦犯である北山宏光。まさかのオチの部分まで注目だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!