アントニオ猪木がYouTuberデビューで闘魂注入! 芸能人YouTuberのトレンドは“日常系”に?

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる2020年。毎日のように届く“チャンネル開設”のニュースに、よほどのファンでなければ埋もれて気がつかない、ということも少なくない。そこで本企画では、この1週間でデビューを果たした有名人をピックアップするとともに、チャンネルの方向性や内容を紹介していきたい。

 今週も人気芸人から元アイドル、そして伝説のプロレスラーまで、幅広いジャンルの有名人が動画の更新をスタートしている。

かまいたち「ねおミルクボーイ」2月20日デビュー

かまいたちがチャンネル名の許可をもらいに行きました

 吉本興業所属のかまいたち(山内健司、濱家隆一)は、『キングオブコント2017』で優勝、2019年『M-1グランプリ』で準優勝を果たした人気お笑いコンビだ。

 気になるチャンネル名は、2月20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演したふたりが「YouTubeチャンネルを作りたい」と話したところ、松本人志に命名されたもの。この日、同じくゲスト出演していたM-1優勝コンビ「ミルクボーイ」と、ティーンのカリスマ「ねお」を掛け合わせたものが、なんとそのまま採用された。

 その流れのまま、最初の動画ではミルクボーイとねおに、チャンネル名決定の挨拶とともに、名前の転用に対して承諾を受けるものになっていた。

 視聴者からは「かまいたちの動画なら長時間でも見ていられる」など、彼らのネタの面白さから期待する声が多い。動画配信は3月1日から本格的にスタートする予定なので、コントでも漫才でも、ロケでも何でもできるオールマイティーなかまいたちが、どんな笑いを届けてくれるのか注目したいところだ。

アントニオ猪木「最後の闘魂」2月20日デビュー

アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」開設!

 今週のデビュー組で最も目を引いたのが、伝説のプロレスラー・アントニオ猪木だ。2月20日に本人の「喜寿を祝う会」が開催された際、YouTubeデビューを公言。「ほぼ毎週、アントニオ猪木の言葉を、そのままインターネットの世界にお届けします」という宣言通り、動画の内容は猪木が話した言葉を編集なしで配信している。

 最初の動画「アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」開設!」は、時間にしてなんと14秒。おなじみの「元気ですかー!!」から始まり、チャンネル開設を報告するだけの内容だが、ファンは口々に、猪木の生の言葉が日常的に聴かれることを喜んでいる。

 <この道を行けばどうなるものか>から始まる猪木の詩「道」を歌にした動画もアップロードされており、こちらでもやはり、元気をもらっている視聴者が多いようだ。数々の名言を残してきた猪木がYouTube上でも流行語を生み出すか、期待が高まる。

志田愛佳「志田愛佳 / Manaka Shida」2月21日デビュー

はじめまして、志田愛佳です。

 一方、翌2月21日には華やかなチャンネルも誕生した。元欅坂46出身で、2018年11月に卒業した志田愛佳。現在はモデル活動などをおこなうほか、SNSではファンとの交流も続けてきたが、ファンからの熱い要望もあり、待望のYouTuberデビューを飾った。

 1本目の動画は、簡単な自己紹介とこれからの動画配信について。アイドル時代は高いお笑いセンスも評価されていたことから、そんな彼女の持ち味が動画でも発揮されるだろうかと、ファンからの期待が寄せられている。

 これからの動画では「日常を配信していきたい」と話しているので、アイドル時代には見られなかった彼女の新しい一面が明かされるかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!