iPhone 9(SE2)の詳細情報がリーク 外観はiPhone 8似、内部は11と同等?

iPhone 9(SE2)の詳細情報がリーク 外観はiPhone 8似、内部は11と同等?

 2020年の3月に発表されると見られている小型のiPhone新機種について、さらに詳しい情報が伝わってきた。かなり的が絞られた内容を、複数の海外メディアが同様に報じており、リークが続々と出てきているようだ。

 それらの推測情報に基づいて、YouTubeチャンネル『ConceptsiPhone』は2月3日、コンセプト動画を公開した。

iPhoneの売上を伸ばす大きな端末に?

 『BGR』は、これらの動画をもとに、Appleの新機種がiPhone 8の外観に似ているとしている(参考:https://bgr.com/2020/02/03/iphone-9-release-date-2020-specs-price-leak-video/)。

 市場は多くの人が4インチのiPhone SEの後継機を望んでいたが、Appleが3月にリリースする予定の新しいiPhoneは、どうやら4.7インチになるようだ。同メディアによると、外観はiPhone 8に似ており、「iPhone 9」と名付けられる可能性が高いとのこと。

 iPhone 9はiPhone 11の超高速A13プロセッサを内蔵し、Touch IDを備えた4.7インチ・ディスプレイで、予算重視のためOLEDではなくLCDディスプレイになると思われる。5Gには対応していない線が濃厚だ。

 カメラは高機能な一眼カメラが搭載されており、ストレージは64GBと128GBの2種類。色は、スペースグレー、シルバー、レッドなど、様々なカラーバリエーションが揃う。

 そこまでコンパクトではないが、iPhone 9は手頃な価格で、399米ドル前後(約4万4千円)とも伝えられている。最近の高級機種iPhone 11 Proは、999ドル(約11万円)からなので、かなり価格が抑えられていることが分かる。

 『BGR』は「iPhone 9は、ゲームチェンジャーではないが従来は、ぱっとしない四半期にAppleがiPhoneの売上を少し伸ばすのには役立つはずだ」と結んでいる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!