カジサック、東海オンエア・りょうと念願のコラボ 「めっちゃエエ人やん……」と脱帽する結果に

 YouTuberカジサック(キングコング・梶原雄太)が12月6日、自身の運営するYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」に、人気YouTuberグループ・東海オンエアのりょうとのコラボ動画を投稿した。

【スペシャル】東海オンエアりょうさんが部屋に来てくれました

 これまで多くの人気YouTuberとコラボを重ねてきたカジサックだが、6人組のモンスターグループ・東海オンエアとはほぼ接点がなかった。コラボのきっかけとなったのは、「1日でどれだけ多くのYouTuberとコラボできるか」という企画に挑戦中のりょうから、カジサック宛てに「お邪魔してもよろしいでしょうか?」とTwitterのダイレクトメッセージが届いたこと。当然、カジサックは快諾したのだが、グループのチャンネル登録者数は480万人を超え、個人チャンネルも飛ぶ鳥を落とす勢いのりょうとのコラボに、オープニングでは「ビッグネーム過ぎて……」と緊張をあらわにした。

 その後、りょうが登場。カジサックが「僕、聞きたかったんですよ。東海オンエアさんの企画的に1日でどれだけのYouTuberさんとコラボできるかをしていると思うんですけど、どうして僕を選んでくださったんだろうと」と質問すると、りょうは「それはもう会いたかったからですよ」と即答。さらに、「ドンピシャの『はねトび』(はねるのトびら)世代で、東海メンバーみんな羨ましがってると思います。特に、としみつとかテレビが大好きだから」と明かされると、カジサックは「マジっすか!?」と喜んでいた。

 ちなみに、りょうはクイズ王・伊沢拓司率いる「QuizKnock」とのコラボ動画で、「1週間、語尾を“ズノック”にする」という罰ゲームの最中。「敬語が使いづらいズノック」と四苦八苦しながら、動画外でのやりとりでも律儀に罰ゲームを守っており、カジサックに感心されていた。礼儀正しく、常識人のりょうは、自身の成功を「友達(メンバー)が面白いだけ」と謙遜するが、コミュニケーションのとりづらさを謝罪しながら、“東海オンエアルール”を誰よりも尊重し、一見バカバカしいことに真剣に取り組んでいるのだ。

 YouTuberになった経緯について、「なし崩し的だった」というりょう。昔から仲の良かったてつやがYouTubeをやり始め、「手伝って」と言われたのが今の東海オンエアのメンバーだったと説明した。カジサックから「今後の展開を考えていたりするんですか?」と聞かれると、りょうは「いや、僕らそういうのを考えてやってきたこと1度もないです」とサラリと返し、「親友といるだけで楽しいですから」と笑った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる