乃木坂46矢久保美緒、4期生の可愛さに悶絶 「こんなに可愛い方々といられて、生きてて良かった!」

乃木坂46矢久保美緒、4期生の可愛さに悶絶 「こんなに可愛い方々といられて、生きてて良かった!」

 ちなみにこの写真、賀喜と柴田はしっかり顔全体が映っているのに対して、矢久保は目から上だけ。そのことについて矢久保は、ブログに同じようなアングルのカットをよく載せるとした上で、「なぜかというと私よりみんな(他の4期生メンバー)のほうを見たいよねと思って」と一言。「私の顔なんかそんなに映らなくて良いんだけど、可愛いみんなを見てくださいって感じで、結構、目から上の写真が多めなんです。だって、私なんかより二人のことを見て欲しいもん! 可愛いんだもん、だって!」と同期メンバーへの愛情をうかがわせた。

 なお、ライブのユニットコーナーでは、岩本蓮加、大園桃子、向井葉月、筒井あやめと共に「でこぴん」を披露した矢久保。「嬉しいですよね。松村(沙友理)さん、白石(麻衣)さん、橋本(奈々未)さん、深川(麻衣)さん、大好きな方々の曲で」と前置きし、「でも、だからこそ、私がやって良いのかと思ったし……申し訳ないなと思いつつもやらせていただきました。ありがとうございます。ほんとにね、嬉しいんですよ。嬉しかったけど、申し訳ないと思っちゃうな」と複雑な心境を吐露した。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!