『テラスハウス』東京編・第19話ーー見え始めた初期メンバーと新メンバーの“温度差”、突然の卒業も

『テラスハウス』東京編・第19話ーー見え始めた初期メンバーと新メンバーの“温度差”、突然の卒業も

 『ポケモンGO』デートの日、自身の出場するドラッグレースにペッペを誘っていた春花。二人は仲を深めたかと思いきや、後日、事態が一転することに。ドラッグレースに向けてスケジュールを空けていたペッペに、やっぱり忙しくて話す時間がないと、春花が一方的に約束を断ったのだ。さらに春花は、ペッペの漫画を読んでも感想を口にすることもなく、「(読み)終わりました」の一言で済ませてしまう。これには、スタジオの徳井義実(チュートリアル)も「一応、感想は言うでしょ!」と驚きを隠せない様子。ほかのスタジオメンバーからも「子供なんだね」と非難を浴び、春花は自分が興味のあることにしか関心がない、だからコミュニケーションが円滑にできないのだろう、と指摘された。

 そんな中、香織が帰宅するなり、突然「ロンドンに家を借りまして、明日(テラスハウスを)卒業します」と笑顔で口にする。凌も愛華もペッペもいない中、まずは初期メンバーの流佳と春花にだけ公表した香織。「勉強したり、仕事もあれば嬉しいなって思う」と今後の生活についての展望を語る。急なことに驚き、涙を流す春花は、なかなか言葉が出てこない。一方で、流佳は「『寂しいよ』で終わらせたくない。『頑張って』で終わらせたい」とエールを送りながら、旅立つ香織の背中を押した。いよいよ初期メンバーも、残るは二人。今回は、いままで誰一人としてカップル成立して卒業したメンバーがいないため、そろそろ成就する恋が見たいところだ。

 第19話ではほかにも、部屋が汚いことを気にする凌の姿や、初期メンバーと新メンバーでどこか温度差がある雰囲気なども感じた。そんな環境もあってか、徐々に卒業を決めて行く初期メンバー。加えて、今回の香織の卒業は、先日、尊敬し、恋していた翔平が急にテラスハウスを去ったことの影響も、少なからずあるのかもしれない。とりあえずいまはただ、ロンドンという新しい土地へと歩んで行く、香織を応援したい。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■番組情報
『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』
2019年5月14日よりNetflixにて毎週火曜に新エピソード先行配信(4週に1週休止)
2019年6月11日よりFODにて毎週火曜深夜0時に配信予定(4週に1週休止)
2019年7月よりフジテレビにて、地上波放送予定
(c)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる