>  > キスマイ千賀健永扮する“千賀ジジイ”が大奮闘

キスマイ 千賀健永扮する“千賀ジジイ”が大奮闘 感動のラスト迎えた『キスどき』想定外の涙SP

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2の配信冠番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)の第32話が、9月13日に配信された。9月から新コーナーもスタートし、大幅にパワーアップした同番組。今回は、「想定外の涙スペシャル」と題され、「じじいはわしじゃよ!」と「クイズこどもねあ」の2コーナーが配信された。

 まずは、「じじいはわしじゃよ!」からスタート。これまでおじいちゃん(おばあちゃん)愛に溢れた男の子を紹介してきたが、今回は初の女の子が登場。阿部百花ちゃん(小学4年生)、心咲ちゃん(小学2年生)姉妹のおじいちゃん愛を検証する。方法はこれまでと同じく、顔を隠したA、B、C3人のおじいちゃんの中から本物のおじいちゃんを当てるべく、3回与えられるヒントをもとに推理していくというもの。ちなみに、3人の中には見ず知らずのおじいちゃんと千賀健永扮する千賀ジジイが混ざっている。

 1回目の検証は、ドローンが捉えた3人のおじいちゃんの後頭部を見て、本物を推理。それぞれの後ろ姿を見た百花ちゃん、心咲ちゃんは、迷うことなくBが本物だと指摘する。2回目の検証では、去年までミートセンターで働いていたおじいちゃんを見極めるべく、窓越しに肉をカットしている手さばきを見て推理することに。それぞれが個性溢れる肉の切り方を披露し、2人はやや迷いつつも最終的に「一人だけ、(まな板の)下にお皿を置いているから」という理由でBを選択していた。

 ここで、百花ちゃん、心咲ちゃんのお母さんから衝撃の証言が。おじいちゃんは孫たちがトイレに入ると、扉を開けて応援を始めるという。そこで最後の検証は、目隠しをして便座に座った2人の前で、3人のおじいちゃんがそれぞれ声を出さずに応援し、その気配から本物を推理するというシュールなもの。一気に難易度が上がった3回目の検証に、百花ちゃん、心咲ちゃんは答えをひとつに絞りきれないでいた。

      

「キスマイ 千賀健永扮する“千賀ジジイ”が大奮闘 感動のラスト迎えた『キスどき』想定外の涙SP」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版