『テラスハウス』東京編・第7話ーーケニーを巡る三角関係がさらに加速、そして新たな三角関係も!?

『テラスハウス』東京編・第7話ーーケニーを巡る三角関係がさらに加速、そして新たな三角関係も!?

 前回は翔平と春花がゴルフの打ちっ放しへ。以前、仕事のことで衝突した二人だが、そこで和解。そして流佳と春花はデートで車を見に行った。しかしその後の女子トークで発覚するが、春花の気になっている人は流佳ではなかった。なんとケニーだという。一方、莉咲子も一番男性として意識しているのは、ケニーだと告白。女子メンバーの中で好きな人が被り、気まずい空気が流れる。

 屋上では春花、莉咲子、ケニーが残った。春花は寝ると言って席を外してしまうが、莉咲子とケニーは引き続き話を続ける。話題は春花のことへ。ケニーは春花が何を考えているかわからないという。莉咲子は「考えていることはあるっぽいよ」と、春花なりに気になっている人がいることをやんわりと伝えた。そして、自分と春花は似ているという旨をケニーに話し、春花と出かけた時の印象を聞く。するとケニーは、初めて一緒にライブに行った時は、春花は自分の意見を持っているからぶつかるなと思っていたが、一緒に住む中で、いいところを見つけ、フィーリングの合わなさは解消されたと明かした。

 別の日、リビングにいる、莉咲子、春花、ケニー、香織。春花とケニーがライブの約束をした後、莉咲子はケニーにランチの約束についての話題をふる。香織は板挟みだ。ケニーと莉咲子が話していると、離席する春花。すると莉咲子は、香織に「気にくわないと感じることはある?」と質問する。香織は「いっぱいあるよ」と即答し、「ムカとかはしない。むしろもっと仲良くしたい。莉咲子は結構“遠い”から」と続けた。莉咲子が“遠い”理由についても、起きてる時間帯や男子と過ごしていることが多いからと説明する香織。莉咲子ともっと話したいし、寂しいと感じていると打ち明けるも、「寝る」と言ってすぐに部屋に戻ってしまった。そして部屋からは春花と香織が盛り上がる声が。莉咲子が「すごい盛り上がってるね」と呟くと、ケニーは「これ(女子部屋でのトーク)に莉咲子がいないから、遠くなっていくんじゃない」と、香織が「莉咲子が遠い」と言った原因を推測する。莉咲子は「女だから女とずっといるって訳ではない」と自身の価値観を口にした。

 翔平が帰宅すると、ダイニングにいた香織が一人迎える。最近、春花と莉咲子の板挟みにあっていて辛いと翔平に吐露した香織。二人につまらないと思われて、離れていってもらうことを望んでいるため、相談を聞くだけにして、あえて具体的な回答は避けていることを告白した。自分では春花のことも莉咲子のことも、ましてやケニーのこともどうすることもできないと本音を漏らす。そんな香織の対応を翔平は「ベストでしょ」と賞賛しながら、悩みを受け止めた。

 翌朝、ケニーとデートのためにいつもより可愛らしい洋服を身にまとう莉咲子。コーヒー屋さんに出かけ、莉咲子は欲しがっていたコーヒーメーカーのセットを母の日のプレゼントとして選んだ。その後二人はランチに行き、そこで莉咲子が「豆とか買っておけばよかった」とコーヒー豆を買わなかったことを後悔。するとケニーは「買っておいた」とこっそり購入していたことを明かし、「プレゼントする」と伝えた。莉咲子は思わぬサプライズに「感動!」とはしゃぎながら喜んだ。そしてケニーが、莉咲子のいつもと違う服装について尋ねると、莉咲子は練習がある日はジャージだけど、私服はこんな感じだと説明し、「(私服で過ごしていると)練習の時間を割いて、その人といるんだって気分になる。今日はケニーさんの日、みたいな」と笑った。「めっちゃ素敵」と服装を褒めつつ、「その方が嬉しいな」と莉咲子の気持ちを喜ぶケニー。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる