>  > 美 少年、「ダイラタンシー」企画に挑戦

期待のジャニーズJr.ユニット美 少年、憧れの嵐も挑戦した「ダイラタンシー」企画で大暴れ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 期待の若手ジャニーズJr.ユニット美 少年が、最新動画『【おバカ実験】不思議な現象「ダイラタンシー」でダッシュ!』をアップした。通常は液状なのに早い衝撃を与えると一瞬個体になる不思議なダイラタンシー現象を体感して遊ぼう、という動画だ。この「ダイラタンシー」の実験は、大好きな先輩・嵐もバラエティ番組でやっていたこともあり、オープニングからハイテンション。特に、那須雄登は「松潤も、やって!」と櫻井翔のモノマネをして視聴者の笑いを誘う。

 さっそく「ダイラタンシー」を手作りしていく6人。進行役でハリきる浮所飛貴が「(片栗粉と水を)5対5で」と説明すると、絶好調の那須が「1対1じゃない? キミ対比って知ってる?」と、ウザがらみ! 冷静な最年長・藤井直樹が「とりあえずやってみよう」とその場を回収するも、顔を伏せた浮所が悔しさをにじませて地団駄を踏む姿がなんとも微笑ましい。

 ダイラタンシーを貯めた巨大なタライの中で、その上で沈まないように足踏みをしたいというものなのだが、どうやら沈むには少々深さが足りなかった様子。そこで今回は、だんだん足がもたついていく中で、どれだけ長く足踏みし続けられるか、という持久戦に企画変更。その柔軟な対応ができるのも、YouTubeならでは。

 先ほど、那須に不意打ちでからまれた浮所が今度は、「それ櫻井くんからもらったやつだよね」とチクリ。実は、この日那須が着ていたのは櫻井翔からもらった大切なTシャツだったという。しかも、色は黒。こんな片栗粉の白い液体が飛び散る動画撮影時に着てきてしまった痛恨のミスを、浮所が見逃さなかったのだ。

 那須vs浮所のツッコミ合戦は白熱する一方だが、6人の空気が決してギスギスすることはない。この日も2人がやり取りしている間に「みんなごめん、ズボン表裏逆だった」と岩崎大昇がまさかのカミングアウト。すぐに着替えたい、でもカメラの前でどうしたらいいかと悩み、その場でクルクルと回ってしまう岩崎の16歳児っぷりに、メンバーも視聴者も頬が緩む。

 また、じゃんけんで順番を決める場面になると、今度は佐藤龍我が必要以上にパンツの裾を上げておむつ状態に。金指一世がトップバッターで、いざダイラタンシーに挑むという見せ場も、その横でグイグイとパンツを捲り上げる佐藤。パンツ改めおむつから出る、驚くほど長い脚が気になって視聴者も金指の挑戦に集中できなくなってしまう。

 ちなみに、そんなちょっぴり天然なふたりが、7月20日よりスタートする連続ドラマ『恋の病と野郎組』(BS日テレ)に出演が決定している。異性と触れ合えない冴えない日々を送る男子高校生に扮するというのだから楽しみだ。“まさか“と、岩崎のパンツの裏表をチェックしたり、制服姿の佐藤の足の長さに注目してしまいそうだ。

      

「期待のジャニーズJr.ユニット美 少年、憧れの嵐も挑戦した「ダイラタンシー」企画で大暴れ」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版