>  > 『有吉ぃぃeeeee!』復習&予習

『有吉ぃぃeeeee!』タカが真の実力を発揮した『マリオテニス エース』回復習&『デッドオアアライブ6』予習

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーム作品のオンラインプレイを通して全国の猛者と対決する『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)は、今話題のeスポーツをメインテーマに捉えたテレビ番組。メインMCを務める有吉弘行をはじめ、アンガールズの田中卓志やタカアンドトシらがゲストの自宅を訪れ、個性豊かなゲーム作品を賑やかにプレイする。

 本稿では5月26日放送のおさらいとして、『マリオテニス エース』の配信動画、そして6月2日放送で取り上げられる『デッドオアアライブ6』(以下『DOA6』)について解説する。

田中vsタカ 両者の実力が激しくぶつかり合う

🔥【マリオテニス エース】CPU戦2000試合やった男 VS 攻略サイト漬けの男 どっちが勝つ?【有吉ぃぃeeeee!】

 最初にピックアップするのは、レギュラー出演陣のタカと田中のオンライン対戦動画。前半はそれぞれの対一般ユーザー戦、後半はタカ対田中の身内対戦シーンが収められている。

 田中はどの作品もまんべんなくやり込んでから収録に臨むスタイルが定着しているが、一方で『マリオテニス エース』に並々ならぬ熱意を注ぐタカは「今回の収録前にCPU戦を2000試合こなした」と発言。トリッキーなキャラクターの「テレサ」を使い、一般ユーザーを相手に強気なプレイングで試合を制した。

 地道な努力で勝利を掴んだタカと対照的に、田中は予め収集した攻略情報をもとにテクニカルな戦いを披露。鋭角なショットを得意とする「ピーチ姫」で相手を揺さぶり、危うげなく勝星を上げる。

 何と言っても本動画の見どころは、共に一般ユーザー戦で高い実力を示したタカと田中の対戦シーンだろう。コツコツと対戦数を重ねて腕前を磨いたタカが勝つのか、それとも効率よく対人戦の攻略法にたどり着いた田中が勝つのか。勝利の女神がどちらに微笑んだのか、その結末はぜひ実際に動画を見て確かめてもらいたい。

有吉 猫に噛まれた手を気にしつつ対戦プレイに挑戦

🔥【マリオテニス エース】ゲームと全然関係ないところで負傷してもトッププレイヤーを憑依させて勝つ男【有吉ぃぃeeeee!】

 こちらはMCを務める有吉のオンライン対戦動画。まずは女子プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手の物真似で一通り笑いを誘い、そのまま一般ユーザーとの試合に突入した。

 大きく苦戦を強いられるようなシーンはなく、相手のミスを利用しながら自分のペースに持ち込んで優勢に立つ有吉。しかし、本編の街ロケで猫に手を噛まれた文脈を踏まえると、ユニークさが際立つ一戦となっている。試合中に飛び出す有吉の珍発言に耳を傾けてみよう。

最新回のメインタイトルは『デッドオアアライブ6』

 6月2日放送の最新回で取り上げられるのは、PS4/Xbox One/PC用ソフト『DOA6』だ(PC版はSteamで販売中)。

 3D対戦格闘ゲーム『デッドオアアライブ』シリーズは、1996年にアーケードゲーム用作品として誕生。最新作『DOA6』に至るまで、現在も家庭用ゲーム機を中心にナンバリングタイトルや派生タイトルがリリースされている。

 特筆すべき点は、打撃、投げ、ホールドから成る「3すくみ」システムの存在だろう。それぞれ互いの攻撃に対して有利と不利属性を持っているので、相手の動きを読んで有利な攻撃を行う戦略性が必然的に生まれる。過去に番組で取り上げた『鉄拳7』や『ストリートファイターⅤ』とは一味違う仕様に出演陣がどう対応するのか、放送中は各人の使用キャラクターやファイトスタイルに注目してみてはいかがだろうか。

 次回『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』は、石田二コルとお笑いコンビの流れ星がゲスト出演。気になる方は忘れずにチェックしよう。

■龍田優貴
ゲームの尻を追いかけまわすフリーライター。時代やテクノロジーと共に移り変わるゲームカルチャーに目が無い好事家。『アプリゲット』『財経新聞』などで執筆。個人的なオールタイムベストゲームは「ファミコン探偵倶楽部」シリーズ。Twitter:@yuki_365bit

「『有吉ぃぃeeeee!』タカが真の実力を発揮した『マリオテニス エース』回復習&『デッドオアアライブ6』予習」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版