>  > 元東大王・伊沢拓司、過去最難関クイズに挑戦

元東大王・伊沢拓司、「QuizKnock」で過去最難関クイズに挑戦 問題文「みちのせ」の答えは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元「東大王」で、クイズをベースに幅広い知識を届けるウェブメディア「QuizKnock」の編集長を務める伊沢拓司が、「YouTuber熱量ランキング」の1位に輝いた。

あなたの推しは何位?第一回YouTuber熱量ランキング! 色んなYouTuberのアンケートを元に理系が熱量計算した結果www

 「YouTuber熱量ランキング」は、頭脳派理系YouTuber・はなおが企画したもの。熱量(ジュール)を「人生の幸福度(%)」「額の表面積(cm2)」「好物とそのエネルギー(Kcal)」「身長(cm)」「平均睡眠時間(h)」「好きな星まで行く時間」という独自のパラメーターで算出するお楽しみ企画だが、SEIKIN、東海オンエア・てつやなど、人気YouTuberのなかで、伊沢が見事1位に。伊沢は額の表面積を3エーカー(1エーカーは約4047平方メートル)と答えたことにより、熱量が2.19ペタジュール(ペタは10の15乗)と、過去の木下ゆうか、松岡修造の記録を超える新たな伝説を生み出してしまった。

 そんな東大王改め、熱量王の伊沢率いるYouTubeチャンネル「QuizKnock」も、熱量の高い動画を送り出し続けている。今回紹介したいのは、『テンポよく正解せよ!クイズ力-ナイスガイ面接【キズナアイ】』だ。

テンポよく正解せよ!クイズ力-ナイスガイ面接【キズナアイ】

 前提を説明すると、2017年、出されたシチュエーション・感情をすべて「じゃがりこ」と言いながら表現する「演技力じゃがりこ面接」が流行った。2018年にはその派生版といえる「キズナアイ面接」が流行し、QuizKnockでは10月、難解な言葉でキズナアイ面接を行う動画『語彙 キズナアイ面接』を投稿していた。

 そして、そこからさらに派生させたのが今回の『クイズ力 ナイスガイ面接』だ。QuizKnockのライターでナイスガイでお馴染みの須貝駿貴がお題を出し、「真面目に?」「ささやきながら?」などの指示であれば、回答者はそのニュアンスに合わせて「ナイスガイ」と答え、クイズの場合は回答する、というQuizKnockならではの企画だ。

 とは言え、テンポよく行われる「面接」では、長々としたクイズは出せない。最初は「いちひくに」(1-2。答えはマイナス1)や「幸せの国」(答えはブータン)という短いクイズが出題されるが、徐々にクイズの難易度は上がっていき、ついには「まぐちがせ」という謎の出題も。しかし、ライターのこうちゃんは「間口が狭く奥行きの長い建物のことを、ある魚の名を使って何という?」まで問題を先読みし、「うなぎの寝床」と答えるという驚異のクイズ力を見せつけた。

      

「元東大王・伊沢拓司、「QuizKnock」で過去最難関クイズに挑戦 問題文「みちのせ」の答えは?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版