>  > 「ほんこん流波乗りのすすめ」の魅力とは

ほんこんがYouTubeで中年の星に!? 趣味全開のチャンネル「ほんこん流波乗りのすすめ」が面白い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビを主戦場に活躍してきた芸人やタレントがYouTuberとしてデビューすることが珍しくなくなってきた。以前はトークやネタ動画が多かったように思えるが、最近では自身の趣味を活かしたチャンネル開設が主流となってきている。以前はCSチャンネルでしか見られなかったような「芸人の趣味全開の番組」がYouTubeで気軽に楽しめるようになってきているのは喜ばしい。

 例えば自虐芸で一世を風靡したヒロシの「ヒロシちゃんねる」ではテーマをキャンプに絞り、「ソロキャンプ」の様子や「野外グルメ」が話題を呼び登録数が34万人を突破。ゴージャスの「ゴージャス動画」は登録数37万人を超え、ゲーム関係者をゲストに呼んで「大乱闘!スマッシュブラザーズ」や「モンスターストライク」など人気ゲームを解説する内容が一部の層から熱狂的な支持を集めている。

 かつて1発屋と呼ばれた芸人たちの再ブレイクの場ともなっているYouTubeだが、大御所芸人も自慢の趣味を引っさげて、参入してきているらしい。その中でも今回は昨年10月に開設され、じわじわ登録数を伸ばしている「ほんこん流波乗りのすすめ」を紹介したい。

 波乗り歴10年のほんこんが馴染みのサーフショップ「COASTKINE」の店長とともにサーフィングッズを解説したり、サーフィン初心者のマネージャーたちに波乗り体験をさせたり、といい意味でプライベート感満載の内容だ。ゲストにタレント仲間を呼ばないことで、純粋にサーフィンの面白さにフォーカスし、初心者に向けた解説番組としてじわじわ人気を集めている。

 実際にテイクオフ(波に乗る瞬間)の様子をほんこん自ら別ワイプで解説するなど、彼の熱意と経験で得た確かな知識がうかがえる。正直、陸でのカメラワークはイマイチだが、波乗りシーンは防滴カメラで撮影されているからか、臨場感は抜群。初心者のマネージャー陣が波乗りをしている回だけでも、かなりサーフィンの面白さは伝わるはずだ。

スクール開始!波を感じて・・・(解説付)

 また、特筆すべき点は現在全10回ある動画を1テーマ1本でアップしていること。本来であれば1本の動画で済むようなサーフボード、ウェットスーツの種類や選び方、フィン(ボードの底につける方向舵)の付け方、ボードへのワックスの塗り方、といった超基本的なことを詰め込まず、いい意味で内容を薄めてお届けしている。

 専門用語が出てきても「初心者の方はわからんから」とほんこんが細かくツッこんで解説してくれるので、サーフィンに関する知識が全くなくとも一度も手を止めることなくするする最後まで見られてしまう。

      

「ほんこんがYouTubeで中年の星に!? 趣味全開のチャンネル「ほんこん流波乗りのすすめ」が面白い」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版