乃木坂46によるドラマ『ザンビ』のビジュアルコメンタリーが面白い メンバーからの“新たな視点”提示も

 佳境に入った第8話のビジュアルコメンタリーには、堀未央奈、新内眞衣、久保史緒里が登場。「美しい女」役の新内は『ザンビ』の“始まりの人”として第8話のみに出演する。これまでの物語とは一線を画すその展開は新内のコメントが必須。3時間の特殊メイクや振付師・TAKAHIROの出演など、濃密なビジュアルコメンタリーとなっている。

 ビジュアルコメンタリーにはそのストーリー毎にフォーカスされるメンバーが登場する。第9話には、向井葉月、佐藤楓、阪口珠美の3人が出演。もちろんここで触れなかった各話でもメンバーから収録時の裏話が語られている。最終話目前のこのタイミングで、ビジュアルコメンタリーと共に『ザンビ』をもう一度楽しんでみてはどうだろうか。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!