>  > Travis Japanは“自らを追い込む系ジャニーズJr.”?

Travis Japanは“自らを追い込む系ジャニーズJr.”? ガチすぎるYouTube企画に見る7人の魅力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズ事務所公式YouTubeチャンネル“ジャニーズJr.チャンネル“では、SixTONES×Snow Manの初コラボ動画を皮切りに、Sexy美少年やHiHi Jets、Travis Japanもユニット内クリスマスプレゼント交換会の様子の動画をアップ。楽屋で使えるリラックスアイテムや、ちょっぴり贅沢な美容グッズ、センスが光る洋服に、AIスピーカーといった最新家電など、それぞれが今欲しいものをセレクトしていることから、基本的にはハズレなしのほのぼのとした会になっている。だが、Travis Japanの動画は、なぜか黄金の全身タイツ&バニーガールにラバーマスク姿という他にはない雰囲気のエンディングに。そう、彼らは自らを追い込む系ジャニーズJr.なのだ。

Travis Japan【メリクリ】個性的すぎるX’masプレゼント交換会

 Travis Japanは、川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、松倉海斗、松田元太の7人組グループ。マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』で振付師を務めたトラヴィス・ペインによって選抜されたメンバーで、2012年に結成。その後、何度かメンバー入れ替えを経て現在の7人体制となったものの、その根幹には一貫してダンスへの情熱がある。

 呼吸するかのごとく華麗なアクロバットを決める川島、ベビーフェイスで小悪魔的な魅力を放つ七五三掛、ダンス経験の浅さをカバーするべく人一倍努力した吉澤、人懐っこい笑顔でTravis Japanのムードメーカーとなっている中村、そして抜群の演技力とダンスで魅了する宮近、そしてしゃかりきダンスでファンを楽しませる松倉&松田の松松コンビ。

 1人ひとりが与えられたミッションを全力でこなすことから、バラバラに先輩たちのバックにつくことも少なくなかった。それにも関わらず、7人でのステージではハイレベルなシンクロダンスを披露するのは、彼らの持つ“追い込まれ力“の賜物かもしれない。

 Travis Japanの動画は、開設当初から異彩を放っていた。ヌルヌル相撲に、白塗りモノマネでジャニーズの先輩たちを真似ていくなど、かなり攻めた内容だ。もはや、それ自体がジャニーズアイドルでいえば罰ゲームクラス。それゆえに、本当に罰ゲームとなれば建物の7階に相当する高さ22メートルからのバンジージャンプになってしまう。

Travis Japan【バンジージャンプ】恐怖の罰ゲームを執行!

 怖がる吉澤は飛ぶ決心が付くまで「時間がかかるかも」と言いつつ、メンバーのカウントダウンにしっかりと応える男気を見せる。だが、その感動もつかの間「こんなの余裕でしょ」と中村と七五三掛が追い込む。いざジャンプ台に登ってみると「怖い」と口ばかりになった中村と、本当に余裕で飛んでみせる七五三掛のバランスの良さも、Travis Japanらしい。

      

「Travis Japanは“自らを追い込む系ジャニーズJr.”? ガチすぎるYouTube企画に見る7人の魅力」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版