乃木坂46桜井玲香、“相方”若月佑美の卒業セレモニーで大号泣した理由を明かす

乃木坂46桜井玲香、“相方”若月佑美の卒業セレモニーで大号泣した理由を明かす

 番組中盤には、各曜日の担当メンバーが優勝賞品の「焼肉お食事券」をかけて競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の種目は「46秒居眠り」。これは、カメラの前で居眠りをし、よきタイミングで起きて、どれだけ46秒に近付けるかを競う競技だ。

 今週は『のぎおび⊿』が木曜日と金曜日のみ。「だから(優勝が)1/2なんですって~! 」と意気込み「よ~いスタート! お休み!」と言って挑戦した桜井の記録は、42秒。この結果について「まぁ、勝ったらラッキーだし、負けても麗乃が焼肉食べれるんだったらいいんだ。育ち盛りだしね」と、キャプテンらしく後輩想いのコメントをした。

 番組終盤には、本日金曜日出演の中村麗乃への宿題を決めることに。桜井は「れのへ あなたの愛されフェイスで『あなただけのれのだ、ワン』と犬ちゃんになって一言言って」という宿題をフリップボードに記載した。桜井曰く、中村は「ワンちゃんにしか見えない」らしく、「トイプードルみたい」なのだとか。視聴者からも「わかる」と共感の声が相次ぎ、「わかるよね? いつも眠いのかな? っていうフワフワした雰囲気があるよね!」と評し「可愛い、麗乃たんの放送を楽しみにしていてください」と言って配信を締め括った。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる