>  > Samsung、折り畳み型スマホを発表か?

Samsung、開発者会議で折り畳み型スマホ「Galaxy F」を発表か? 7.3インチ画面でシルバーボディ?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メーカー別スマホシェア1位を長らく死守しながらも、近年では中国メーカーの台頭でその勢いに陰りが見えていた韓国メーカーSamsungが、起死回生の一手を打ってきそうだ。

起死回生の切り札

 ロイターは6日、Samsungが7日と8日にアメリカ・サンフランシスコで開催する開発者会議で、折り畳み型スマホを発表すると報じた。製品名が「Galaxy F」と予想されているスマホに関して、同社関係者は「わたしたちは折り畳み型スマホを市場に投入する前に、わたしたちが今までの開発中に行ってきたことをスマホ開発者と共有し、また開発者たちが折り畳み型スマホについてどう考えるのかを知りたいのです」とコメントしている。

 関係者のコメントにあるように、今回の発表には同スマホの仕様を開発者と共有して同スマホに対応したアプリ開発に備える、という趣旨がある。それゆえ、端末本体の発表はないだろうと見られている。

 調査会社IDCのレポートによると、2018年第2四半期における世界のスマホシェアにおいてSamsungは20.9%で1位となっているのだが、前年比で10.4%のマイナス成長を記録している。折り畳み型スマホは、成長の止まった同社を再浮上させる切り札と考えられている。

 折り畳み型スマホに関する市場予測は5月に調査会社Strategy Analyticsが発表しており、2019年には世界で120万台販売され、2023年には約6,500万台にまで出荷数を増やすだろう、とのことだ。

スマホというよりプラットフォーム?

 Galaxy Fの仕様についてはスマホ専門メディア『phoneArena』が、5日、リーク情報をまとめた記事を公開した。その記事によると、同スマホの外見はシルバーボディとなり、ベゼルはスリムなブラックになる。ディスプレイは広げた状態で7.3インチである。ちなみにiPhone XS Maxのディスプレイは6.5インチ、最新iPadのそれは9.7インチである。

 同スマホに搭載されるチップはQualcomm製の最新チップ「Snapdragon 8150」であり、内部ストレージは512GB、さらにデュアルSIMをサポートすると見られる。

 CNETは、6日に公開した同スマホに関する記事において、調査会社IHS Markitの主席アナリストWayne Lam氏の論評を紹介している。同氏は、折り畳み型スマホのリリースは新しいスマホが世に出るというよりは、新プラットフォームのリリースに近い、と指摘する。というのも、折り畳み型スマホは従来のスマホとは大きく異なるUIとUXをユーザに提供すると考えられるからだ。そもそもGalaxyシリーズで採用されているOSのAndroidは、ディスプレイをふたつに折り畳むことを想定していない、とも述べている。

      

「Samsung、開発者会議で折り畳み型スマホ「Galaxy F」を発表か? 7.3インチ画面でシルバーボディ?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版