THE RAMPAGE・LIKIYA&長谷川慎が、日本一長いすべり台で白熱バトルを展開!

THE RAMPAGE・LIKIYA&長谷川慎が、日本一長いすべり台で白熱バトルを展開!

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの初冠番組『てっぺんとるぞ THE RAMPAGE』の第7回が、9月19日にGYAO!で無料配信された。毎週水曜日に更新される同番組は、ジャンケンで勝ち抜けたメンバー二人がペアとなり、何も知らされずに“日本一のスポット”を訪れて修行に励むというもの。第7回の放送では、リーダーのLIKIYAとパフォーマーの長谷川慎が「日本一長い○○」に挑戦した。

 中目黒の事務所付近に呼び出された2人は、例によって「日本一長い○○」の正体を何も聞かされないまま、車の後部座席へ乗せられた。2時間30分のドライブの末、辿り着いたのは茨城県日立市にある「奥日立きららの里」。東京ドーム10個分の広大な敷地に、アスレチックやキャンプ場などが揃うレジャー施設だ。

 はじめに立ち寄ったのは、様々な動物が暮らすふれあい牧場。「日本一長い○○」を求めてきたのになぜ牧場なのか……いぶかしむ2人をよそにスタッフは「重要なので」とだけ言い、ポニーの名前などを紹介していった。

 その後、再び車に乗り込み、今度こそ「日本一長い○○」の元へ。2人の眼前に現れたのは、日本一長いボブスレータイプのすべり台「わくわくスライダー」。全長1188mで高低差は66m、最高時速は実に30kmに達するという。挑戦するのが「すべり台」だと知った瞬間、長谷川は「めっちゃ、楽しみ!」と意気揚々。LIKIYAも「これはアタリっすね!」とスタッフへ語りかけるも、「でも、めっちゃ批判来そう(笑)」と視聴者からのクレームを心配していた。

 が、そこは過酷さがウリの番組だけあって、ただでは滑らせない。2人には「タイムアタック」を競い、滑りながら出題される「クイズ」に答え、さらに、滑り台の途中に仕掛けられたTHE RAMPAGEメンバーの写真を見つける「隠れTHE RAMPAGE探し」を行うという、3種目の合計ポイントで争う対決が課せられた。

 最初に滑走したのは長谷川。「やることをやりつつ、日本一のスライダーを楽しみたいと思います!」と、マイペースな雰囲気を醸しながら挑戦。滑走途中で出題されたクイズ「先ほど見たオスのポニーの名前は?」を発見し、続けて現れたTHE RAMPAGEメンバー・陣の写真も視認してゴールへ。

 2番手滑走はLIKIYA。「勝負なんでね。勝ちに行きたいと思います!」と意気込んでボブスレーに搭乗し、「けっこう意外と速いな! ヤバいヤバい!」と予想外の速度に焦りつつも、長谷川同様にクイズ・隠れTHE RAMPAGE共に確認。十分に加速してゴールした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる