「AppleWatch」「DieselOn」「SKAGEN Falster2」……スマートウォッチを購入するならどれがおすすめ?

スマートウォッチの大本命。やっぱりApple Watch

Maxku Apple Watch Series 4 44mm ガラスフィルム 3Dガラス液晶全面保護フィルム 3D曲面デザイン 日本旭硝子素材採用 高透過率 薄型 硬度9H 飛散防止処理 3Dラウンドエッジ加工 自動吸着 アップル ウォッチ シリーズ 4 44mm 液晶保護フィルム(ブラック)

 先日行われたApple秋の新作発表イベント。そんな中で新たに発売されたのが「Apple Watch Series 4」だ。

 これまでのバージョンアップで防水になったり、Apple Payに対応したり(もちろんSuicaにも)と先進的なデザインとともに機能も強化されて、まさにスマートウォッチの大本命の1本。まだまだiPhone人気の根強い日本国内ではそのシームレスな連携によってApple Watchを持つメリットは中々大きい。スマホではスタンダードになりつつあるベゼルレスを踏襲し、サイドのボタンはiPhone7のホームボタンなどで用いられている「電子フィードバック」を採用。極限まで無駄を無くし、さらにスリム化されたAppleらしいフォルム。もちろん、これまで通り決済に対応したりと便利な機能はそのままに1回の充電で18時間利用できるようになるなどさらにパワーアップした。また、「Apple Watch Series 4」が発表されたので、前モデルの「Apple Watch Series 3」は値下がりするはずなので、そちらを狙うのも賢い手段かもしれない。

スマートウォッチで生活の質は上がるか?

 スマートウォッチがあることでスマホとの連携がスムーズになったり、日々の健康をトラッキングできたりと非常に利便性は向上するはずだ。しかし、それら機能が全て必要か?となる一概に「イエス」とは言えない。でも腕時計の購入を検討するのであれば、これまでよりももっと賢くなったスマートな物を選択肢のひとつに入れておきたい。

(文=げんきくん)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる