不法移民の青年は犯罪を断ち切れるのか 『ベルリン・アレクサンダープラッツ』予告編公開

不法移民の青年は犯罪を断ち切れるのか 『ベルリン・アレクサンダープラッツ』予告編公開

 5月20日よりMIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映される映画『ベルリン・アレクサンダープラッツ』の予告編が公開された。

 第70回ベルリン国際映画祭に正式出品された本作は、1920年代に出版された現代ドイツ文学の金字塔『ベルリン・アレクサンダー広場』を、ブルハン・クルバニ監督が、愛・金・裏切りに翻弄されるギャングたちの物語として映画化したもの。現代社会が抱える貧困、人種、難⺠の問題を、スタイリッシュな映像とともに描く。

 アフリカからヨーロッパを目指していた不法移⺠のフランシスは、船が嵐に遭遇したときに、もし無事に上陸できたなら今後は心を入れ替えて真面目に生きると誓う。その後ドイツへ辿り着くことができたフランシスだが、難⺠生活は過酷を極め、裏社会に生きる狡猾なドイツ人男性ラインホルトの手引きで犯罪に手を染めていく。そんな中、ある女性と出会ったことでフランシスは運命を変えようとするが……。

画『ベルリン・アレクサンダープラッツ』予告編

 予告編では、難⺠として必死にもがきながら善人になることを誓う主人公・フランシスと、彼に忍び寄る“悪魔”のような男・ラインホルトの姿や、フランシスとミーツェの出会い、そんな2人にラインホルトが忍び寄る様子が捉えられている。

 また、本作の監督・共同脚本を手がけたクルバニからはコメントが寄せられた。

ブルハン・クルバニ監督 コメント

原作の『ベルリン・アレクサンダー広場』を読んで僕は育ちました。ベルリンに引っ越したとき、近くの公園には金持ちも黑人もいて、ただ麻薬のコミュニティは黑人の難⺠がほとんどでした。格差を目の当たりにし、僕は彼らに焦点を当てた物語を作りたいと考え、頭の中で難⺠の物語とフランツ・ビーバーコップ(『ベルリン・アレクサンダー広場』の主人公)の物語が重なりました。
自慢のチームと役者たちが作った、旅をするような映画です。本作はドイツ人社会と難⺠の話で、そこには闇が存在する。しかし結末には希望の見える話になっています。楽しんでください。

Berlin Alexanderplatz
Welket Bungué als Francis
Welket Bungué als Francis und Albrecht Schuch als Reinhold
previous arrow
next arrow
Berlin Alexanderplatz
Welket Bungué als Francis
Welket Bungué als Francis und Albrecht Schuch als Reinhold
previous arrow
next arrow

■配信情報
『ベルリン・アレクサンダープラッツ』
5月20日(木)より、MIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映
価格:1,500円(税込)/購入から48時間視聴可能/MIRAIL(ミレール)のみ特典付きバージョン(※変更の可能性あり)
監督:ブルハン・クルバニ
脚本:マーティン・ベーンケ、ブルハン・クルバニ
原作:アルフレート・デーブリーン
出演:ウェルケット・ブンゲ、イェラ・ハーゼ、アルブレヒト・シュッヘ、アナベル・マンデン、ヨアヒム・クロルほか
配給:STAR CHANNEL MOVIES
原題:Berlin Alexanderplatz/ドイツ・オランダ/2020年/183分/R15+
(c)Sabine Hackenberg, Sommerhaus Filmproduktion (c)Wolfgang Ennenbach, Sommerhaus Filmproduktion (c)Fre’de’ric Batier, Sommerhaus Filmproduktion (c)Sabine Hackenberg,Sommerhaus Filmproduktion (c)Wolfgang Ennenbach, Sommerhaus Filmproduktion
公式サイト:https://star-ch.jp/starchannel-movies/detail_048.php
公式Twitter:@berlinalex_jp
公式Instagram:berlinalex_jp
公式Facebook:berlinalex.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる