乃木坂46 山下美月、いくつもの“ギア”を持つ役者としての強み 『あざと連ドラ』を経て覚醒

 乃木坂46の山下美月が、4月20日よりスタートするドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演する。これは、乃木坂46としても、坂道シリーズとしても快挙と言えることだ。

 2015年に生田絵梨花が出演したドラマ『残念な夫。』(フジテレビ系)など、いくつか例はあるものの、グループの外に飛び出し、単独でプライムタイムの連続ドラマに抜擢されたのは数年ぶりだからだ(現役メンバーのみを対象とする)。加えて、その年末にようやく『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に初出演することとなる2015年当時とは、乃木坂46自体のパブリックイメージも全く違う。放送を前に、番宣ラッシュを通して山下の注目度は日々増している印象だ。

 山下の女優デビューは2018年公開の映画『日日是好日』。樹木希林が演じる武田のおばさんから茶道を教えられるひとみ役で女優の道を歩み始めることとなる。その後、徐々に花開いていったのが、あざとい小悪魔キャラ。元々『乃木坂工事中』(テレビ東京系)にて放送された企画「乃木坂恋愛模擬テスト」で「恋愛小悪魔」「新あざとい女王」との異名がついていた山下は、演技においても『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東)では恋愛マスターの看護師を、『ザンビ』(日本テレビ系)では強烈なヒール役として才覚を発揮した。

映画『映像研には手を出すな!』(c)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (c)2016 大童澄瞳/小学館

 先日放送された『土曜はナニする!』(フジテレビ系)で山下は『神酒クリニックで乾杯を』で共演した憧れの松本まりかと2人旅のロケへ。松本は山下について「ドンッとしてて、ヒロインで堂々としてのが印象的だった」と話している。ドラマ初主演となった『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京ほか)は、彼女のあざとさが爆発した役柄であった。小悪魔から悪女へーー大きな瞳が放つ力強い眼光はこれまでの乃木坂46にはなかった妖艶さを醸し出していた。

 2020年公開の映画『映像研には手を出すな!』で演じた水崎ツバメは、真っ直ぐなお嬢様役。5メートルの高さから川に飛び込むハードなシーンにも体当たりで挑んだ。乃木坂46が持つ「清楚」のイメージも共存させた、気持ちのギアをいくつも持っているのが山下の女優としての強みだ。