スパイク・リーが魅了された圧巻のステージング 『アメリカン・ユートピア』新場面写真

 デヴィッド・バーンとスパイク・リー監督がタッグを組んだ5月7日公開の映画『アメリカン・ユートピア』の場面写真が公開された。

 映画の原案となったのは、2018年にバーンが発表したアルバム『アメリカン・ユートピア』。同アルバムのワールドツアー後、2019年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台がその斬新な内容で話題になり、映像化の可能性を考えたバーンは、リー監督に声をかけ、映画化がスタートした。

 バーンのライブ映画は、トーキング・ヘッズ時代の1984年にジョナサン・デミ監督によって『ストップ・メイキング・センス』が作られているが、今回、バーンとリーのコラボレーションにより、ドキュメンタリーや記録映画でもない、新たなスタイルのライブ映画が完成した。本国アメリカではHBOでの配信のみとなったが、日本では映画館での上映が実現。字幕監修は、ブロードキャスターのピーター・バラカンが務める。

 公開された場面写真では、グレーの揃いのスーツに裸足、シンプルな舞台セット、その中で躍動するミュージシャンたちに肉薄するグルーヴ感あふれるカットとなっており、リーが魅了された圧巻のステージングを見ることができる。

 また、HBO公式Youtubeチャンネルにて配信されたバーンとリーの対談動画の中で、ともにニューヨークを拠点に活動してきた2人が「互いに憧れの存在だった」と話す、バーンとリーの2ショットの写真も公開された。

■公開情報
『アメリカン・ユートピア』
5月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
監督:スパイク・リー
製作:デヴィッド・バーン、スパイク・リー
出演ミュージシャン:デヴィッド・バーン、ジャクリーン・アセヴェド、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ、ダニエル・フリードマン、クリス・ジャルモ、ティム・ケイパー、テンダイ・クンバ、カール・マンスフィールド、マウロ・レフォスコ、ステファン・サンフアン、アンジー・スワン、ボビー・ウーテン・3世
配給:パルコ
2020年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/5.1ch/107分/原題:David Byrne’s American Utopia/字幕監修:ピーター・バラカン
(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:americanutopia-jpn.com