亀梨和也の多様な演技の変遷 緊迫感漂う『レッドアイズ』で新たな進化を遂げる

 3月27日の放送で、ついに最終回を迎える『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)。KSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台に、無数の防犯カメラを駆使した捜査で凶悪犯を捕えるサイバークライムサスペンス。主演の亀梨和也(KAT-TUN)は、壮絶な過去を背負った元刑事、KSBCの特別捜査官の伏見響介を演じている。

 第1話からスピーディーな展開が続き、第8話の最終章に突入してもさらに予想だにしないスリリングな展開をみせている。本作を支える柱の一つが、スピード感と躍動感で厚みをもたらすアクションシーンだ。亀梨も夢中になっていると語ったように、瞬きのタイミングを逸するほどの迫真の演技に引き込まれる。

 11月のクランクイン初日からアクションシーンの撮影が行われたという。下村勇二監督(アクション監督)は、「僕たちが一回動いて見せて、すぐそれをコピーするんです」(※1)と練習段階から亀梨の覚えるスピードに驚いたと語った(参照:亀梨和也がアクション監督らと『レッドアイズ』を語り合う 結末は「聞かされていない」)。第5話(2月20日放送回)では、謎の男・真弓を演じるTAK∴(坂口拓)とのハイスピードバトルが話題を集めた。坂口は、ウェイブという戦闘術使いのアクション俳優で、YouTubeチャンネル『狂武蔵たくちゃんねる』(参照:https://youtu.be/lAMtIrIS-SA)では、「アクションはやりすぎぐらいがちょうどいい」とさらり。また、イベントに登壇した際の動画では、「殺しの世界は1秒か2秒なんですね、絶対にどちらかが亡くなるという世界の戦闘術を学んでいる」とも。対峙する相手を知れば知るほど、目にしたシーンがどれほどのものかが伝わってくる。

 スピード感を保った激しいアクション、鬼気迫る表情、歯を食いしばって力んだり、感情を露わにしたりと体全体を使ったシーンがある一方で、目を細めたり見開いたり、鼻や口元、頬の細やかな動き。言葉にならない胸の内を表す、セリフのないシーンにも引き込まれる。“目は口ほどに物を言う”のごとく、ほんのわずかな表情の動きに心を重ね、言葉をのせていく。コメディドラマのように喜怒哀楽がはっきりした物語ではないからこそ、亀梨の丁寧で繊細な演技が光る。