なにわ男子 西畑大吾、『コタローは1人暮らし』で横山裕とドラマ初共演 ヒロインは山本舞香

 関ジャニ∞の横山裕が連続ドラマ初主演を務めるドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系)に、山本舞香、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、生瀬勝久の出演が決定した。

(左上から時計回りに)西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、山本舞香、生瀬勝久、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

 本作は、累計発行部数100万部を突破した津村マミの同名コミックをドラマ化するもの。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進。ある日突然、隣の部屋に何やら訳アリな1人暮らしの5歳児・さとうコタローが引っ越してくる。誰よりもしっかりしているかと思えば、時に子どもらしい本音をのぞかせるコタローと衝撃の出会いを果たしたことで、狩野をはじめ同じアパートの住人たちも、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、少しずつ成長していく。

 脚本を担当するのは、『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)や、『偽装不倫』(日本テレビ系)、『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)など、コミック原作のドラマを数多く手がける・衛藤凛。映画『マザーウォーター』、ドラマ『パンとスープとネコ日和』(WOWOW)、『きょうの猫村さん』(テレビ東京)の松本佳奈が演出を務め、映画『蜜蜂と遠雷』の篠田大介が音楽を担当。主演の横山が自堕落な生活を送る売れない漫画家・狩野進を演じる。

 山本が演じるのは、ヒロイン・秋友美月。映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』『今日から俺は!!劇場版』、ドラマ『ハケンの品格』第2シリーズ(日本テレビ系)など多数の作品に出演する山本が、狩野進(横山裕)やコタロー(川原瑛都)と同じアパートで暮らすキャバクラ嬢・美月に息を吹き込む。美月は、いつも明るく元気な女性だが、実はヒモの彼氏にお金をせびられているという深刻な悩みを抱えている。山本は「コタローちゃんの前では明るい美月ですが、実は密かに抱えているものがあるので、その裏表をしっかり表現していきたいです」と語る。

 コタローが通うことになる「幼稚園の清水」の新任教諭・花輪景介を演じることになったのは、関西ジャニーズJr.7人組グループ・なにわ男子の西畑。ドラマデビュー作『ごちそうさん』(NHK総合)で演技力を評価され、その後も『あさが来た』(NHK総合)、『教場』(フジテレビ系)などのドラマや、映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』に出演している。そんな西畑は、花輪を演じるにあたり、「将来の夢が保育士だったくらい無類の子ども好きなんです。夢が叶いました!」と大喜び。さらに、なにわ男子のコンサートの演出や衣装などのプロデュースを担当する先輩・横山とドラマで初共演とあって、「横山くんの初主演連続ドラマという記念すべき作品なので、僕もそれに恥じないお芝居をしたい!」と、熱く意気込みを語った。

 毎週コタローに生活費を届ける大役を担う弁護士・小林綾乃を、ももいろクローバーZの百田が演じる。昨年メジャーデビュー10周年を迎えたグループの一員として活躍する一方、連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK総合)に出演。先日公開された映画『すくってごらん』では自身初となるヒロインを務めた。「観てくださった方が『自分も頑張ろう!』と、勇気をもらえるような作品にしたい」と語る百田が、弁護士役に初めて挑む。

 さらに、狩野やコタロー、美月と同じアパートで暮らす田丸勇役に生瀬が決定。いかつい見た目で、最初は狩野らをビビらせてしまう田丸だが、実は大の子ども好き。横山とはドラマ初共演という生瀬は、「関ジャニ∞の中でも、横山くんはいい意味で“異質な”イメージ。実際にご一緒したらどうなるのか、楽しみで仕方ないです」とコメントを寄せている。

コメント

山本舞香(秋友美月役)

原作を読んだとき、「美月ちゃんと私はあんまり似ていないけど、私でいいのかな?」と、少し不安になりました(笑)。でも、同じアパートで生活しながら、コタローちゃんをかわいがったり、見守ったり……。
美月たち大人が教えてあげることもあれば、逆にコタローちゃんから教えてもらうこともあるというような、みんなで支え合っていくストーリーがすごくステキだなと思いました。
美月はコタローちゃんの前ではすごく明るいんですが、実は密かに抱えているものがあるので、その裏表をしっかり表現していけたらいいなと思っています。物語が進むにつれ、狩野さんやコタローちゃんとの関係性が変化していき、美月は大きな選択を迫られます。ほかのキャラクターひとり一人の背景やストーリーも描かれているので、注目していただきたいです。
一つのアパートに住んでいる人たちが交流するというお話なので、楽しい撮影になりそうですよね! 横山さんとも瑛都くんともまだお会いしていないんですが、現場で仲良くなっていけたらいいなと思っているので、今から撮影が始まるのが楽しみです。
コタローちゃんくらいの年齢から大人まで、幅広い世代の方が楽しく観られるドラマです。ご家族やご友人など、皆さんで楽しんでいただければいいなと思います。

西畑大吾(花輪景介役)

原作を読んだ時、4歳の子(※ドラマ内では5歳設定)が1人暮らしをするという内容に最初は衝撃を受けました。ハートフルでありながら、すごく胸を締め付けられる回もあって、いろいろと考えさせられました。コタローくんを取り巻く周りの方々が本当にステキで、人はひとりじゃ生きられないんだなと感じさせられる物語でした。
今回、関西ジャニーズJr.のサポートをしてくださっていて、いつも僕らの背中を押してくださる先輩・横山(裕)くんと、初めてドラマでご一緒させていただくことになりました。横山くんも「大吾とドラマで共演するのって変な感じやなぁ」とおっしゃっていましたが、先輩の初主演連続ドラマという記念すべき作品なので、僕もそれに恥じないお芝居をしたいと思います。
そして、僕は中学生の頃、将来の夢が保育士だったくらい無類の子ども好きなんです! すでにジャニーズに入っていたんですが、「保育士になりたい」と言っていました(笑)。だから今回、幼稚園の先生役と聞いた時、めちゃくちゃうれしかったんですよ。夢が叶いました! でも、もしほんまに僕が幼稚園の先生やったら絶対怒られるくらい赤や金の髪色をしていたので、このドラマでは落ち着いた色で頑張ります(笑)。この間、初めて川原瑛都くんにお会いしたんですけど…こんなご時世でなければ、ずっと抱きしめて離したくないくらい(笑)、めちゃめちゃかわいかったです! 受け答えもハキハキしていて、とにかくしっかりしていましたね。たぶん僕より大人だと思います(笑)。
大人びているけど決して大人ではない、そんなコタローくんの姿が胸に刺さるドラマです。ぜひ、皆さんにもそういうところに注目して観ていただけたらと思います。

百田夏菜子(小林綾乃役)

原作と台本を読んで、コタローくんのような年齢の子が1人暮らしをするという設定に“そんなことがあるの!? どうやって!?”と驚きました。でも、アパートに住んでいる人たちと助け合いながら成長していく姿を見て、切なくなる瞬間もあるんですけど、すごく心温まる物語だなと思いました。
私が演じる綾乃は、一生懸命でマジメな女性なのですが、実はコタローくんへの接し方にすごく悩んでいるんです。だから私自身も、今はまだ「こう演じよう」と決めず、実際に瑛都くんと現場でお会いして、掛け合いをしていく中で関係性を作っていけたらいいのかなと思っています。ちなみに、綾乃は弁護士なので、衣装合わせで用意してくださっていた服が全部スーツでした(笑)。こんなにスーツを着る機会は、なかなかないですし、普段は掛けないメガネも掛けるので、ビシッとした気持ちになりますね!
横山さんとは音楽の現場や関ジャニ∞さんの番組にお邪魔した時にご挨拶させていただいたくらいで、ちゃんとお話したことがないので、お芝居の現場でご一緒できるのが新鮮で、すごく楽しみです。
こういう時代なので、観てくださった方に「自分も頑張ろう!」と、勇気をもっていただけるような作品になればいいなと思っています。土曜の夜、ちょっと夜ふかししても怒られない時間に放送される、本当に心温まるドラマだと思いますので、たくさんの人に観ていただけるとうれしいです。

生瀬勝久(田丸勇役)

最初は登場人物が実はどういう人たちなのか、いろんなことがまだわからないんです。僕が演じる田丸も何をしている人なのか……(笑)。みんな生き生きしているんだけど、何かしら抱えているものがあるということがだんだんわかってくるので、観た方がどういう風にミスリードされていくのかが、楽しみです。
田丸はヒョウ柄のスーツを身にまとっていたりする、いわゆる“いかつい見た目”の人物です。人は見かけなのか、中身なのか……でも、周りを威嚇してしまうわけですから、見かけにもやっぱり責任はありますよね(笑)? なので、僕も“田丸はなぜその服を着るのか”という気持ちを自分の中で整理していきたい(笑)。とはいえ、そういう服を着て役を生きることができるというのは役者の特権なので、とても面白いと思うし、幸せなことだと思います。
僕は、関ジャニ∞のほかの皆さんとはご一緒したことがあるんですが、横山くんとは今回が初めてなんです。でもこの間、舞台で一生懸命頑張っておられる姿を拝見して、ますます撮影現場でお会いするのが楽しみになりました。関ジャニ∞の中でも、横山くんはちょっと“異質な”イメージなんです、もちろんいい意味でね。実際にご一緒したらどうなるのか、楽しみで仕方ないですね。
このドラマは30分という枠なんですが、それもとても素敵だなと思うんです。ドラマを1時間観るのって結構体力がいると思うんです。お芝居もストーリー展開も凝縮される気がするので、30分ドラマ……本当にオススメです! 気楽に、ぜひリアルタイムで観ていただきたいですね。

■放送情報
『コタローは1人暮らし』
テレビ朝日系にて、4月24日(土)スタート 毎週土曜23:30~0:00放送
出演:横山裕、川原瑛都、山本舞香、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、生瀬勝久
原作:津村マミ『コタローは1人暮らし』(小学館)(『ビッグコミックスペリオール』で連載中)
脚本:衛藤凛
音楽:篠田大介
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:都築歩(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
監督:松本佳奈 ほか
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日、ジェイ・ストーム
(c)テレビ朝日