『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』初夏配信&BD発売決定 劇場公開はなし

 米動画配信サービス「HBO Max」にて米現地時間3月18日より配信開始される『Zack Snyder’s Justice League(原題)』が、『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』のタイトルで2021年初夏にデジタル配信、Blu-rayリリースされることが決まった。

 2017年に公開され、全米No.1大ヒットを記録したアクション・エンターテインメント大作『ジャスティス・リーグ』。本作の製作中に降板したザック・スナイダー監督が、初期構想に基づき、追加撮影、再編集の上で製作された『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』では、『ジャスティス・リーグ』では見られなかったジャレッド・レト演じるジョーカーが登場するなど、当時公開されたバージョンから追撮シーンなどを加えた約4時間におよぶ本編が展開される。

 また、本国アメリカにおけるHBO Maxでの配信開始に先駆けて、米現地時間3月13日10時よりアメリカで開催される先行オンライン試写会(英語版のみ/字幕なし)に日本から限定20名を招待する企画も発表された。応募に関する詳細は、DC公式Twitter(@dc_jp)にて確認を。

 なお、『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』の劇場公開の予定はナイトのこと。本作の詳しいリリース情報については、4月16日に発表される予定だ。

■配信・リリース情報
『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』
2021年初夏、デジタル配信&Blu-rayリリース
(c)2021 Warner Media Direct, LLC All rights reserved.
HBO MAX(R) is used under license.