松岡茉優、吉田羊の20代役で『生きるとか死ぬとか父親とか』出演 「身の引き締まる思い」

 4月9日よりテレビ東京系で放送がスタートする吉田羊と國村隼のW主演ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』に、松岡茉優が出演することがわかった。

 本作は、ラジオパーソナリティー、コラムニスト、作詞家と多彩な顔をもつジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーをドラマ化するもの。主人公・蒲原トキコ役を吉田、その父親・蒲原哲也役を國村がそれぞれ演じ、監督とシリーズ構成を山戸結希が務める。

 本作のストーリーにおいて、現在のトキコ(吉田羊)と父(國村隼)の家族の形を紡ぐ過去編に登場するキャストとして、松岡の出演が決定。“普遍にして特別な家族の物語”の中で起きる様々な出来事。物語の後半で、時は遡り、現在から過去へ。父と母の出会いや、家族3人で暮らした日々。そこには、決して楽しいことばかりではなく、母の病気、会社の倒産や全財産の喪失、そして他の女性の影といった、苦悩や葛藤があった。松岡は、そんな家族の過去の物語にて登場する20代のトキコを演じる。

 今回出演が発表された松岡は、「今回吉田羊さんの20代を演じさせて頂けること、身の引き締まる思いです。 羊さんの演じられた現代のトキコを拝見することで、イメージが膨らみました。そして、國村隼さんと親子役をできることが私の人生にあるのだなあと思いました」とコメントしている。

松岡茉優(20代のトキコ役)コメント

台本を読ませて頂き、「普通の家族なんてないですよ。」というセリフにとても惹かれました。
私のセリフではないのですが物語のテーマと捉えました。
また、今回吉田羊さんの20代を演じさせて頂けること、身の引き締まる思いです。 羊さんの演じられた現代のトキコを拝見することで、イメージが膨らみました。
そして、國村隼さんと親子役をできることが私の人生にあるのだなあと思いました。
とても豊かな時間で、たくさんのことを教えて頂きました。
トキコと似た想いを持って過ごされてる方々に、幅広く届くことを願っています。
きっと、自分のことを許せたり、少しだけ大事に出来るようになると思うのです。
私は回想シーンのみの出演なので、ドラマの完成がとても楽しみです。

■放送情報
ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』
テレビ東京系にて、4月9日(金)スタート 毎週金曜深夜0:12〜放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0:00〜放送
原作:ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社刊)
主演:吉田羊、國村隼、松岡茉優、DJ松永(Creepy Nuts)、オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)、森本晋太郎(トンツカタン)
監督:山戸結希、菊地健雄
シリーズ構成:山戸結希
脚本:井土紀州
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:佐久間宣行(テレビ東京)、祖父江里奈(テレビ東京)、半田健(オフィスアッシュ)、平林勉(AOI Pro.)
制作:テレビ東京、オフィスアッシュ
製作著作:生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/ikirutoka/
公式Twitter:@tx_ikirutoka