人間の心と社会の闇を深くえぐる “ワールドクラス”の日本映画となった『すばらしき世界』

 自らの脚本によって、リアリティある人間ドラマを映画監督として描き続けてきた西川美和。この度、その作品のなかでも、驚くほど濃厚で、人間の心と社会の闇をこれまでになく深くえぐる映画が現れた。本作『すばらしき世界』は、その意味で、「ワールドクラス」と言える必見の日本映画となっている。ここでは、本作がなぜそこまでの作品と言えるのかを、描かれた内容を振り返りながら解説していきたい。

 本作は、作家・佐木隆三が実在の人物を取材して書いた小説『身分帳』(1993年)を原案として、設定を現在に移して書き換えている。オリジナル脚本を手がけてきた西川監督にとっては、初の試みだ。そして、役所広司が演じる主人公は、暴力団だった過去を持ち、罪を犯して長年の間刑務所に服役していた男・三上。務めを終えて出所した彼は、生き別れとなっていた母親を捜してほしいと、TV番組の若手ディレクター津乃田(仲野太賀)に相談していた。津乃田の方は、敏腕TVプロデューサー吉澤(長澤まさみ)の命により、刑務所生活の長かった三上が社会復帰することができるのか、その生活をドキュメンタリー作品にするため、ビデオカメラで撮影することにする。

 気の弱いところがある津乃田は、殺人犯として収監されていた三上に会うことを警戒していたが、会ってみると意外にかわいげのある振る舞いや、屈託のない笑顔を見せる、裏表のない性格に好感を抱き始める。だが三上は、ときに激昂する姿を垣間見せることがあり、路上で悪さをしているチンピラを叩きのめすこともある。就職活動に励んだり、自動車免許を取得しようと、社会復帰に前向きな三上ではあったが、そのような気性を変えない限り、彼が社会に溶け込むことは無理だと感じる津乃田だった……。

 あらすじを書き連ねていくと、いかにも地味に感じられるストーリーだが、本作は目が離す瞬間がないと思えるほどに面白い。それは、もちろん西川監督の手腕によるところも大きいだろう。劇映画には主軸となるテーマが必要になる場合がほとんどだが、そこに集中するあまり、シーン自体の娯楽性が薄くなっている作品は少なくない。例えば、三上が同じアパートのチンピラと勝負する展開や、教習所でデタラメな運転をしてしまうシーンなど、本作の多くの場面は、一つひとつがテーマに関係しながら、同時に、刑務所あがりの男が現代社会で体験する苦い現実を、ユーモラスな娯楽表現としても成立させることができているのだ。

 そして、なんといっても役所広司の名演に触れずにはいられない。もともと役所は、顔の表情だけで複数の感情を表現したり、目の焦点を変えるだけでも多くの事柄を語り得るほど、演技のプロとして高いステージにある俳優である。とはいえ、凶暴なヤクザの役は、『孤狼の血』(2018年)などで、現代の日本映画としては十二分に好演しているとはいえ、一方で持ち前の上品なイメージが影響することで、例えば『仁義なき戦い』シリーズの俳優たちの持つ、ある種のいかがわしさまでには達していない部分があったように感じられるところがあった。これは役所だけでなく、俳優たちも、そして映画監督たちがより大人しい存在となった日本映画全体に共通する事象だといえる。

 だが本作の三上は、内に野生味を秘めながら社会復帰を目指すことに葛藤する役だ。その意味では、『孤狼の血』を経た役所の個性と演技のバランスは、まさにうってつけではないか。このような現代社会との軋轢を体現した役所の演技は、同様に社会に押し潰される男を描く『ジョーカー』(2019年)で主演を務め、アカデミー賞他多くの賞を獲得したホアキン・フェニックスの演技と比較しても、けして遅れをとることはないだろう。

 そこにあるのは、おそらく、“人間を描こう”、“人間を表現しよう”という強い意志ではないか。三上はけして悪人ではないし、聖人であるわけもない。さまざまな問題を引きずり、迷いながら生活を続けていく存在である。それは、より良く生きたいと願う多くの人間の象徴ともいえる。そして、彼の行動や性格の理由は、幼少期に生き別れとなった母親との関係にあったことも分かってくる。