伝説のギャングと重なるジョシュ・トランク監督の苦悩 『カポネ』は狂気に満ちた1本に

 ジョシュ・トランクの最新監督作『カポネ』(2020年)は、現在の彼にしか撮れない映画だ。そして日本版のポスターに踊る惹句「壊れているのは、世界か、俺か――」、これこそ本作の全てを表している。

 ジョシュ・トランクといえば、あのサイキック青春アクション『クロニクル』(2012年)の監督である。決して予算は多くないが、それを補ってあまりある創意工夫と勢いに満ちた傑作だった。あのとき、僕らは確かに希望にあふれる未来を観た。ハリウッドに若き才人が出現した。この男の手によって、エキサイティングなSFアクション映画をたくさん観ることができるんだ……。

 しかし、希望はあっさりと崩れ去った。『ファンタスティック・フォー』(2015年)である。『ダークナイト』(2008年)の余韻がまだ残っていた時期だったので、2005年の実写化作品に比べて遥かにダークでシリアスな方向性で作られていた。予告が出たときのワクワク感は忘れることができない。ところが実際は、何もかもが上手くいかなかった。トランク監督が主演のマイルズ・テラーと殴り合いになったとか、脚本家やプロデューサーとケンカになったとか、再撮影/再編集が進んでいるとか、もう別の人に編集権が移ったとか、ロクなニュースが入ってこない。これはヤバいと思ったら、案の定、映画は興行/商業の両面で大失敗に終わる(ついでに内定していた『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品を監督する話も流れた)。映画作り、とりわけハリウッドで超大作映画を作るのは、海千山千のビジネスマンたちを相手にする仕事なのだ。センスや情熱だけでは乗り切ることができない。

 あの悲劇から5年、トランク監督は新作を手に帰ってきた。それが今回ご紹介する『カポネ』である。実在のギャング、アル・カポネの晩年を描いた作品だ。主演はトム・ハーディで、監督・脚本・編集をジョシュ・トランクが手掛けている。まさに渾身の1作だ。ただしそれはド派手なSFアクションではなく、身を削って作ったような私小説的作品である。

 本作を一言で表すなら、混沌とした映画である。カポネの隠し財産があって、そのありかを皆が探している……というプロットを主軸に、裏社会の頂点に立っていたはずのカポネが、病気、老衰、経済的な苦難といった様々な理由で、肉体と精神を破壊されてゆく様を執拗に描いていく。カポネを演じるトムハの演技は圧巻だ。タフでセクシーな印象のトムハが悪辣な老人になりきっている。ダミ声で何かにつけては声を荒げ、糞尿を漏らし、幻覚に怯え、意味不明な発言を繰り返す。認知症患者に接したことのある人なら、本物にしか見えないだろう。そんなトムハを、トランク監督は徹底的に映し続ける。明確な幻覚のシーンと、どちらとも取れるシーンが混在し、次第に画面に映っているものがカポネの幻覚なのか、それとも現実なのか、分からなくなってくる。まるで精神崩壊の追体験だ。