玉森裕太の“充電”に疲れも吹っ飛ぶ!? 『ボス恋』上白石萌音に学ぶ、仕事と恋の両立

 『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、以後『ボス恋』)第5話のテーマは、主人公の鈴木奈未(上白石萌音)の「仕事と恋の両立」。

 “子犬系男子”ことカメラマンの潤之介(玉森裕太)と相思相愛かに思われたが、はっきりとした告白や言葉がない関係にモヤモヤする奈未。編集長の宝来麗子(菜々緒)に潤之介との恋愛を認めてもらいたい一心で、仕事での評価を上げようと社内報に載せる『MIYAVI』の紹介記事の作成担当に自ら名乗りを上げる。「恋にうつつを抜かして仕事が疎かになるくらいなら今すぐ辞めなさい」とまた辛辣な言葉を放つ麗子だが、実は麗子自身がそのタイプなのではないだろうか。そして麗子は実際には奈未に自分自身と似ている部分を見ているのかもしれない。だからこそ、誰よりも奈未に対してストレートな助言を投げかけずにはいられないのだろう。

 案の定、これまでの雑用業務で致命的なミスをしでかしてしまう奈未だったが、麗子の粋な計らいで九死に一生を得る。

「それぞれ抱えられる量が決まってるから、どれを持ってどれを持たないか決めるしかない。あとは持ち方を工夫するか」ーーこれは副編集長の半田 (なだぎ武)の言葉だが、奈未が彼女なりの「持ち方の工夫」を掴み始めた回でもあった。

 自分の頭の中でだけ構想を練って社内報の記事作成にあたろうとしていた奈未だったが、趣向を変えて編集部員に社内アンケートをとって、制作の舞台裏や編集長にフォーカスを当てた紹介記事に上手くまとめ上げた。

 原稿を届けると編集長に快諾はもらえなかったものの、「ダメだったけどやり切った、不思議と落ち込んでいない」と疲労感の中にも確かな達成感と清々した表情が滲む。