仲里依紗、フワちゃん、チョコプラ、『映画クレヨンしんちゃん』最新作のゲスト声優に

 仲里依紗、フワちゃん、チョコレートプラネットが、4月23日に公開される『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』でゲスト声優を務めることが決定した。

 1990年より『漫画アクション』で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長きにわたり愛され続けている国民的キャラクター「クレヨンしんちゃん」。本作は、『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』『爆睡!ユメミーワールド大突撃』の高橋渉監督と、『オラの引っ越し物語 サボテン大襲撃』『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』のうえのきみこの脚本で贈る最新作。レギュラー放送も手掛ける2人のタッグが、シリーズ初の本格(風)学園ミステリーに挑む。

 ゲスト声優たちが演じるのは、しんちゃんの入学する”天カス学園”の超個性派生徒たち。仲は、小中一貫校天カス学園内トップのエリートクラス・テン組に在籍し、怪事件の容疑者の1人となるエリートギャル“アゲハ役”に。仲は、『時をかける少女』の主人公をアニメと実写映画共に演じ、「第34回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞。以降、ドラマや映画、声優など幅広いジャンルで活躍している。「息子もしんちゃんが大好きでよくテレビで観ているんですけど、一緒になって観ちゃうんですよね。息子がチャンネルを替えようものなら『ちょっと待って、しんちゃんだから替えないで!』って言うくらい(笑)」と熱いしんちゃん愛を語る。また、本作の役どころについて、「SNSや取材で『ギャルになりたい!』『ギャルが好き!』ってずっと言ってきていたので、この役でやっと夢が叶ったという感じです!」と喜びのコメントを寄せている。

 フワちゃんは、本人役で出演。素行の悪さからカス組に在籍する生徒“天才YouTuberフワちゃん”として出演することについて、「とびっきり嬉しかった! ずっと子供の時からしんちゃんと“おシリ合い”になれないかなって、夢みてたの」としんちゃんへアピール。また、自身のキャラクター絵を目にして「本人はこんなにお腹出てるのに『クレヨンしんちゃん』に出てるフワちゃんはスリムだったから、ありがとうね! これからもいっぱいご飯食べるけど、これでチャラにするね!!」とご機嫌の様子。

 チョコレートプラネットの松尾駿と長田庄平は、カス組の2人組の不良“給食袋”と “ヨーヨー”として出演。出演が決まったことについて松尾は「国民的アニメの声優をできるってことは、これは今間違いなく売れてるんだなと思いました!!」と確信。「ここ何年かのこの髪型も実はしんちゃんを意識してやってました。だから“まさか自分が声優できるなんて”って思っています」と役作りについて語り、長田も「クレヨンしんちゃんは師匠と言っても過言ではないくらい芸能界だと先輩なので、そのしんちゃんの映画に出演できるっていうのは非常に光栄です!」と笑いの大先輩・しんのすけに敬意を表したコメントを寄せた。

コメント

仲里依紗(アゲハ役)

本当にしんちゃんの大ファンだったので、映画に出演させてもらえると聞いた時は凄く嬉しかったです。子供の頃、自分の声がハスキーで母親に「クレヨンしんちゃんみたいに喋らないで、もうちょっとハキハキ喋りなさい!」って言われていたのを思い出しました(笑)。
息子もしんちゃんが大好きでよくテレビで観ているんですけど、一緒になって観ちゃうんですよね。息子がチャンネルを替えようものなら「ちょっと待って、しんちゃんだから替えないで!」って言うくらい(笑)。
しかもSNSや取材で『ギャルになりたい!』『ギャルが好き!』ってずっと言ってきていたので、この役でやっと夢が叶ったという感じです!ギャルだけど学年でナンバー2という両極端なところを持ち合わせているので、ギャップ萌えがあるキャラクターを演じていけたらいいなと思います! 全然出来なさそうで出来るって結構モテそうですよね!

フワちゃん(カス組の天才YouTuber(本人役))

今回なんとフワちゃん本人役なんだけど、とびっきり嬉しかった!
あたし、ずっと子供の時からしんちゃんと“おシリ合い”になれないかなって、夢みてたの。だからしんちゃんと“おシリ合い”になれてめちゃめちゃ嬉しかった! おかげで今は毎日チョコビ食べてないのに、チョコビ食べてるみたいに楽しい! うふふ(ハート)
もっと嬉しかったのが『クレヨンしんちゃん』に出てるフワちゃんは本人よりもスリムになってた! 嬉しい!
本人はこんなにお腹出てるのに『クレヨンしんちゃん』に出てるフワちゃんはスリムだったから、ありがとうね! これからもいっぱいご飯食べるけど、これでチャラにするね!

チョコレートプラネット 松尾駿(カス組の不良・給食袋役)

僕はシリーズ1作目を劇場に観に行きましたし、下敷きも買いました。ここ何年かのこの髪型も実はしんちゃんを意識してやっていました。だからまさか自分が声優できるなんてと思っています。サイドの刈り上げも意識してシンクロさせているので、やっとこの仕事が来たなと思っています。でも白髪だけは染めなきゃいけないので、そこだけは苦労しています。

チョコレートプラネット 長田庄平(カス組の不良・ヨーヨー役)

クレヨンしんちゃんは師匠と言っても過言ではないくらい芸能界だと先輩なので、その映画に出演できるというのは非常に光栄です! 幼い頃、しんちゃんといえば「観ちゃだめだ!」って親に言われてたんですよ。でも僕観たくて、その当時妹が幼くて優遇されていたので、オカンに「クレヨンしんちゃん観たい」って言わせて見せてもらうというひどい兄貴でした(笑)。これから役作りのためにみっちりヨーヨーを練習してきます。なので今、ヨーヨーを指につけて寝ていますね。ばっちり馴染ませています!

テレビ朝日プロデューサー

いま各所で大活躍中のみなさまに出演して頂けることになり、大変ありがたく心強く感じています。
仲里依紗さんには天カス学園のエリートギャル・アゲハを担当して頂きます。
素行不良でありながら、スポーツ万能で成績も優秀という一癖も二癖もあるアゲハですが、
幅広い演技力を持つ仲さんに演じて頂くことで、さらにポテンシャルを感じさせるキャラクターになってくれると思います。
フワちゃんさんには、野原しんのすけとの絡みを自分がどうしても見たかったのでご本人役で出演して頂くことにしました。
オトナたちが想像もできない行動をして、いつも周囲を大騒動に巻き込んでいくという共通点を持つ2人が
見事”おシリ合い”となってどのような化学反応を見せてくれるのか、ぜひ劇場でご覧ください。
チョコレートプラネットのお2人に演じて頂くのは、学園モノには欠かせない存在である「不良」。
といっても決して怖い存在ではなく、どこか抜けていて親しみをもってしまうクレヨンしんちゃんの世界にピッタリの不良です。
長田さんと松尾さんの声でしゃべるヨーヨーと給食袋を見たお子さまたちが、映画館で大笑いする姿が目に浮かびます。

野原しんのすけ

里依紗おねいさ~ん、はじめまして~(ハート) オラの映画に出てくれるなんて夢のようだゾ!
しかもエリートでギャルですか……あ~オラ……、里依紗ちゃんみたいなキレイでツンデレなおねいさんに家庭教師されたい気分~、あは~。
そしてフワちゃん! やっと会えましたな~。前から思ってたんだけど……フワちゃんって、オラと同じニオイがプンプンしますな~。今度から姉御と呼ばせていただくゾ!
映画も! フォロワー数も! 爆々アゲアゲ~。よろちくび~。
さらにチョコプラのお二人! どもども~。今回はオラたちが頑張ってゲットしたやきそばパンを奪いにやってくる不良役で出てくれるんだよね!って、それって・・・ケ~ツ~ア~ゲ~‼
おっ? それをいうならおカツアゲ~ですな~。も~、いい歳しておまたげないゾ。
でもツッパってるだけあって、カッコイイ見せ場のシーンもちゃ~んとあるんだゾ!! 楽しみ~♪
ゲストのみんなの活躍、お見逃しなく~。
じゃ、そーゆーことで~、そろり……そろり……。

※高橋渉監督の高は「はしごだか」が正式表記。

■公開情報
『映画クレヨンしんちゃん謎メキ!花の天カス学園』
4月23日(金)全国東宝系にて公開
原作:臼井儀人(らくだ社)/『月刊まんがタウン』(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:高橋渉
脚本:うえのきみこ 
声の出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみほか
特別出演:仲里依紗、フワちゃん、チョコレートプラネット
配給:東宝
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADKエモーションズ・双葉社
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021
公式サイト:shinchan-movie.com