木村昴、『ソウルフル・ワールド』で声優、エンドソング訳、歌唱を担当 ピクサー史上初の3役に

木村昴、『ソウルフル・ワールド』で声優、エンドソング訳、歌唱を担当 ピクサー史上初の3役に

 12月25日17時よりDisney+(ディズニープラス)で独占配信される映画『ソウルフル・ワールド』の日本語吹替版声優、エンドソング日本語の訳と歌唱を木村昴が務めることが発表された。

『トイ・ストーリー』制作25周年に贈るディズニー&ピクサー最新作となる本作では、“生まれる前の魂の世界”が描かれる。『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』で2度のアカデミー賞に輝き、現在はピクサーのトップであるチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるピート・ドクターが監督を務めた。

 ジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師のジョーはある日、ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるが、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまい、目を覚ますと青く可愛らしい姿に。そこは生まれる前に「どんな自分になるか」を決める “魂(ソウル)の世界”だった。その世界でソウルたちは夢や情熱、興味など自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけることで、人間の世界に生まれることができる。そこでジョーが出会うのは、自分のやりたいことが見つけられず、「人間の世界に行きたくない」と何百年もソウルの世界に留まっているソウルの22番。22番にジョーは、“きらめき”を持つことの素晴らしさを伝えようとするが……。

 木村は、本作の日本語吹替版で主人公ジョーの行きつけの理髪店の客ポール役を担当。ジョーにとっては日常である理髪店だが、22番と出会ったことでいつもの日常が違った風景に見える重要なシーンでの出演となる。さらに、木村はエンドソングのラップ曲「ラッピン・セド」も担当。劇中にも登場するこの楽曲はジョーが学生時代に組んでいたラップグループが作った曲で、ジョーの青春の1ページを飾る思い出の曲でもある。日本版声優とエンドソングの日本語訳・歌唱を担当したのは、ピクサー史上初めてとなる。

 英語で作られたラップを日本語訳するのは初挑戦となる木村は、「日本語訳するのは手探りではあったのですが、ちゃんと皆さんに納得して楽しんでもらえるように、英語のニュアンスを日本語にしても伝えられるよう言葉選びとリズムにこだわりました。ジョーが学生時代に楽しみながらラップをやっていたというエピソードがあったので、仲間といっしょにやっていて楽しくてしょうがないという“ご機嫌さ”を意識しましたので、ぜひ注目してほしいです」とエンドソングに込めた思いを語った。

■配信情報
『ソウルフル・ワールド』
ディズニープラスにて、12月25日(金)17:00より独占配信開始
監督:ピート・ドクター
共同監督:ケンプ・パワーズ
製作:ダナ・マレー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2020 Disney/Pixar.
公式サイト:Disney.jp/SoulfulWorld

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる