『恋する母たち』が描くいろいろな恋の形 吉田羊演じる優子の過去も明らかに

 杏(木村佳乃)と斉木(小泉孝太郎)、優子(吉田羊)と赤坂(磯村勇斗)、まり(仲里依紗)と丸太郎(阿部サダヲ)……ひとつの恋だけでも1本のドラマとして成立しそうなところを、3つの恋が同時並行で描かれる金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系)。母たちの恋は、パートナーや、その元パートナー、さらには息子たちまで巻き込んで、より複雑さを増していく。

 夫・慎吾(渋川清彦)との離婚が成立して、独身となった杏。だが、斉木との関係はなぜかこじれていく一方。とにかく斉木が元妻・由香(瀧内公美)とコンタクトを取っているのが気に食わないのだ。由香がガンを患っており、多額の借金を抱えていると聞き、見放すことはできずに会っていると話す斉木にも、「私なら優しくしない」と食って掛かる。杏にとって由香は慎吾を奪われた経験もあり、どうにも穏やかではいられないのだ。さらに息子・研(藤原大祐)が、斉木との複雑な関係にショックを受けて家出をしたことも加わって、ピリつきが止まらない。ついには斉木から「めんどくせぇな」と言われてしまう始末だ。あの新しい恋へのウキウキはどこへ……これが“食べる直前が一番おいしい“状態というやつなのだろうか。

 そんな恋愛格言を相変わらず、さらりと言ってのけるのが丸太郎だ。夫・繁樹(玉置玲央)が愛人・のり子(森田望智)からの呼び出しでひとり温泉旅館に取り残されたまりのもとに、めんどくさがらずサプライズで登場してみせる。その上、肌を重ねる直前で「やっぱり……」と言われても、決して無理強いしない余裕も。まりが息子・繁秋(宮世琉弥)を思うあまりに暴走しても、何が良くて何がダメなのかを優しく諭しながら、「かわいい」と慰めてみせるのだ。斉木に比べてやはり丸太郎は恋愛に関して何枚も上手だ。それもそのはず、丸太郎はバツ3。しかも、最初の妻を大事にできなかったことを忘れておらず、2回目、3回目の結婚も元妻の影によりうまくいかなかったのだと、斉木に語りかけ経験値の違いを見せつけた。

 しかし経験値で言えば、負けていないのが優子だ。今回は、優子の過去がこちらもさらりと明かされる。赤坂とキスをする優子を見て、驚きはするものの、努めて冷静に「メガネをかけなさい」と告げたシゲオ(矢作兼)。その言動からは、いつかこんな日が来ることを覚悟していたようにも見える。実は、優子の息子・大介(奥平大兼)はシゲオとの子ではなかったのだ。独身時代から上司と不倫をしていた優子。不倫相手との子を身ごもったと知ると、シゲオはそのまま自分の子として入籍したのだという。

 ところが今では、シゲオと大介の親子の絆は、血が繋がっているはずの優子よりも強い。シゲオが優子と赤坂の関係を知っても離婚しないのは、大介の父と母であることを大切にしたいと願ってのことだろう。シゲオは優子の女性としての貪欲さも含めて愛してきた。その結果、生まれてきた大介のこともまるごと。「限界だ」と言ったのは、どんなに自分が愛を持って接しても、優子から恋しく思われることがないこと。そして優子が仕事も恋も手放して、与論島で妻として母親として生きていく未来が見えないということ。