波瑠が伝えた溢れんばかりの強い愛 『#リモラブ 』松下洸平は“壁ドン返し”で応戦

 ようやくお互いの正体に気づいた青林(松下洸平)と美々(波瑠)。美々を想っていた五文字(間宮祥太朗)は今や2人のキューピッドに、考えすぎてしまい先に進めない青林を、美々の方がリードする意外な一面も見られ、2人は晴れて交際をスタートした。

 『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系・以下『#リモラブ』)第6話では、SNSからこぼれだした気持ちが「檸檬」と「草モチ」の関係を越えて、青林と美々を結びつける。

 “受け止め男子”というパワーワードが飛び出した第6話は、今まで以上に青林の魅力が詰まった放送回となった。青林の隠れた才能であるマルチリンガルであることや、誰かの話を親身になって聞く優しさ、先のことまで真剣に考える誠実さ、そして極め付けは壁ドンする男気まで見せる。まさに“あおちゃん無双”な状態。美々はそんな姿を目の当たりにし、改めて「檸檬」ではなく「青林」に惹かれていった。

 特に五文字の語る青林の魅力は、誰もが思わず頷いてしまう内容だったろう。「聞いてくれるだけで癒される」というその魅力は、五文字だけでなく美々の心をも魅了した。それは2人がこれまで続けてきたメッセージのやりとりである。青林はメッセージの中で、いつでも美々の日常を受け止めていた。そして美々は、そんな青林に癒され、次第に頑なな心を溶かしていくことになる。

 人は、なにか問題が起きた時に、直接解決しなくとも、話を聞いてもらうだけで癒され、パワーをもらえるものだ。五文字が語っていた、いじめられていた過去の話や、美々の世間話など、それを聞いて青林は何か解決策を提案することや、具体的なサポートをしてくれるわけではない。しかし五文字にとっても美々にとっても、青林がただ2人の心の中の問題を、時に涙ぐみ、時に笑い飛ばし、そして静かに “受け止めて”くれたことに意味がある。

 華やかで器用な男ではないが、青林にしかできない素晴らしい魅力だろう。そんな様子を優しい笑顔で演じる松下自身からもまた、“受け止め男子”らしい落ち着きやぬくもりがにじみ出ている。