三谷幸喜×小栗旬『鎌倉殿の13人』人物相関図公開 注目のキャストは11月16日から順次発表

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が、公式Twitterにて脚本を務める三谷幸喜のコメント映像が公開された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。

 公開された相関図は、北条家、源氏、平家、坂東武士、幕府官僚で色分けされ、小栗旬演じる北条義時を含む25名が記されている。

 鎌倉幕府初代将軍源頼朝をはじめ、源義経、北条政子、平清盛といった歴史上の偉人たちを誰が演じるか注目だ。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸
プロデューサー:大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK