Travis Japan 七五三掛龍也、『ライアー×ライアー』出演 松村北斗に「何度か助けられました!」

 SixTONESの松村北斗と森七菜がW主演を務める2021年初春公開の映画『ライアー×ライアー』の第3弾キャストとして、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、相田翔子、板橋駿谷、竹井亮介の出演が発表された。

 累計発行部数170万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクインした金田一蓮十郎の同名漫画を原作とした本作は、「私×義弟×JK姿の私」という不思議な三角関係を描くラブストーリー。『MARS〜ただ、君を愛してる〜』『映画刀剣乱舞 -継承-』の耶雲哉治が監督を務め、『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の徳永友一が脚本を手がける。

 恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊(森七菜)は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透(松村北斗)と同居中。超無愛想だけどイケメンで女癖の悪い透が原因で、2人の仲はギクシャクしていて、お互いに冷たい態度を取り合っている。ある日、親友・真樹(堀田真由)の頼みで高校の制服にギャルメイクで街に出た湊は、偶然にも透に遭遇してしまう。湊はとっさに別人の“JK・みな”だとウソをつき、それを信じた透は“みな”に、まさかの猛アプロ―チをかける。すぐに正体を明かすつもりが、専用のスマホをプレゼントしたり、女関係を全部清算したり、ウソのように健気で一途な透の姿に、真実を言いづらくなった湊は、“みな”として透と付き合うことになってしまう。そんなとき、大学のサークル交流会で再会した幼なじみの烏丸(小関裕太)にも告白されて……。

 七五三掛が演じるのは、透の友人・桂孝昭。口数の少ない透にとって、高校時代から気さくに話せる唯一の親友という役どころだ。七五三掛が所属するTravis Japanは、マイケル・ジャクソンなど有名アーティストを担当した世界的振付師トラビス・ペインによって選抜されたジャニーズJr.のグループで、今年8月に初のソロコンサートを成功させた。七五三掛は、『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』以来、本作が2作目の映画出演となる。

 また、湊と透の両親、高槻家の母親・ひとみを相田、父親・紀行を竹井が演じる。相田は『東京喰種 トーキョーグール』以来の映画出演となり、竹井は「スナックサンド」のCMで森との親子共演を果たしている。再婚し、義理の姉弟となった湊と透の2人を優しく見守る両親を演じる。そして、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で番長・門倉努役を好演し話題になった板橋は、歴史への情熱が凄まじい、湊の所属するサークル「歴史文化研究会」の部長・川西純太を演じる。

七五三掛龍也(桂孝昭役)(Travis Japan/ジャニーズJr.)コメント

映画出演の話を頂いてすぐ原作漫画を読みました。どのキャラクターにも個性、魅力があり何回も読み直すくらいファンになってしまいました。桂は、友達思いで穏やかな、嘘も言えないくらい良い人と言う印象でした。透の親友でもあり湊とも仲良しな役柄だったので撮影以外でも出来るだけコミュニケーションをとるようにしてその関係性をそのままお芝居に持っていけるよう意識して頑張りました。透役の北斗とは同じ事務所の同期なのでその点コミュニケーションをとりやすく何度か助けられました! 原作でもみんなから愛されるようなキャラクターですが、映画を通して更に愛されるようなキャラクターになっていければと思っています。

■公開情報
『ライアー×ライアー』
2021年初春全国公開
出演:松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、板橋駿谷、竹井亮介、相田翔子
原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社『KCデザート』刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一
製作:『ライアー×ライアー』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース
(c)2021『ライアー×ライアー』製作委員会 (c)金田一蓮十郎/講談社
公式サイト:https:// liarliar-movie.asmik-ace.co.jp/ 
公式Twitter : @liarliar_movie
公式Instagram:@liarliar_movie