唐沢寿明が立ち向かう見えない敵 『24 JAPAN』サスペンス要素を強めた“翻案”に

唐沢寿明が立ち向かう見えない敵 『24 JAPAN』サスペンス要素を強めた“翻案”に

 残念ながら第2話で退場となってしまった郷中。オリジナル版で影が薄かったリチャード・ウォルシュ(マイケル・オニール)に村上弘明を持ってきたのは、実は注目のキャスティングだった。『仮面ライダー』のスカイライダーをはじめ、大河ドラマや時代劇、刑事ドラマに数多く出演してきた村上演じる郷中が、獅堂にカードキーを託して息絶えるシーンには殉職刑事の哀愁が漂っていた。

 獅堂家の2人、美有の失踪に動揺を隠せない六花役の木村多江と、強気なところを見せる美有の桜田ひよりはさすがの演技力で、獅堂家パートは安心して見ることができる。『24 JAPAN』のストロングポイントがキャスティングにあることは間違いない。登場人物が多岐にわたる『24』では、第1話の栗原類や第2話の長井短など、ワンポイントで登場するキャストにも注目が集まりそうだ。

 剛(犬飼貴丈)と研矢(上杉柊平)が口にする「あいつら」の正体、また黒幕の神林(高橋和也)など、獅堂が対決する敵の姿も徐々に明らかに。夜が深くなるのと同時に物語はスピードを速めていく。

■石河コウヘイ
エンタメライター、「じっちゃんの名にかけて」。東京辺境で音楽やドラマについての文章を書いています。ブログTwitter

■放送情報
『24 JAPAN』
テレビ朝日系にて、毎週金曜23:15〜放送
※一部地域を除く(全24話)
出演:唐沢寿明、仲間由紀恵、木村多江、桜田ひより、筒井道隆、今井悠貴、森マリア、栗山千明、池内博之、朝倉あき、村上弘明、片瀬那奈、高橋和也、前川泰之、上杉柊平、犬飼貴丈、柳美稀、神尾佑、でんでん、水野久美、櫻井淳子、内村遥、天野慶久、時任勇気、佐野史郎
日本語版脚本:長坂秀佳
日本語版脚本協力:山浦雅大
音楽:奈良悠樹
チーフプロデューサー: 五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、下山潤(トータルメディアコミュニケーション)
協力プロデューサー:藤本一彦(テレビ朝日)
監督:鈴木浩介、木内健人、日暮謙、大塚徹
原作:Based on the U.S. Series “24” Created by JOEL SURNOW & ROBERT COCHRAN (c)2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
制作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる