『マーキュリー・セブン』は現代の“ビタミン剤”に 夢に向かう宇宙飛行士の姿から見えるもの

 ナショナル ジオグラフィックといえば、自然界の動物の生体から宇宙に至るまで最新情報を特集する雑誌。そのナショナル・ジオグラフィックが数年前からオリジナルドラマを配信していることをご存知だろうか。10月16日よりDisney+(ディズニープラス)にて日本初独占配信される『マーキュリー・セブン』もその一つだ。

ナショナル ジオグラフィックならではのドラマ配信

 そもそも、ナショナル ジオグラフィックがテレビチャンネルを持っていることは知っていても、ドラマ配信を行っていること自体初めて知る方も多いだろう。ナショナル ジオグラフィックのドラマと聞くと、少し堅そうなイメージを持つかもしれないが、事実をもとにしつつも、あくまでドラマとして娯楽要素を強く残している。そのため、ドキュメンタリーは少し重たい、活字はちょっと苦手という方にこそオススメしたい、学校の図書館においてある偉人の漫画のような、いい意味での気軽さがある。取り上げられている歴史上の人物を知る導入編としてももってこいだ。

 ナショナル ジオグラフィックにとって本格的にドラマ参入となったのは、リミテッドシリーズ『ジーニアス:世紀の天才アインシュタイン』(2017年)。主演にジェフェリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』『英国王のスピーチ』)、第1話の監督にはロン・ハワード(『アポロ13』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』)を迎え、アインシュタインの知られざる素顔を描き、エミー賞リミテッドシリーズ・テレビ映画部門の作品賞および主演男優賞にノミネートされた。翌年2018年には『ジーニアス:ピカソ』を発表し、主演のアントニオ・バンデラスは主演男優賞ノミネートを果たしている。

 実力派俳優を主演に置き、歴史に大きな影響を与えた人物にフォーカスした『ジーニアス』シリーズは毎年人気を博し、次回は『Geniue: Aretha』と題し主演にシンシア・エリヴォ(『ハリエット』でアカデミー賞主演女優賞ノミネート)を迎え、2018年に亡くなったソウル歌手アレサ・フランクリンにスポットを当てたドラマを配信予定だ。そして今回、新しい挑戦としてナショナル・ジオグラフィックが送り出すドラマが『マーキュリー・セブン』だ。