朝ドラ『エール』第88話では、藤堂(森山直太朗)が「ビルマ派遣軍の歌」を歌う

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。10月14日放送の第88話では、裕一(窪田正孝)が作曲した「ビルマ派遣軍の歌」を藤堂(森山直太朗)が歌う。

 裕一が戦場で藤堂と再会した第87話。第88話では、裕一は、兵士の慰問のために翌日に行うコンサートに向け、楽器ができる兵士たちを集める。慰問会に向けて、急ごしらえの音楽隊のメンバーで練習を開始。ラングーン滞在中に裕一がビルマで戦う兵士たちのために書いた曲、「ビルマ派遣軍の歌」を高らかに歌う藤堂。音楽を通して皆の気持ちが通じ合い、心を割って話をした翌日、部隊を思わぬ悲劇が襲う。

 昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一とその妻・音の物語。主演の窪田正孝のほか、二階堂ふみ、佐久本宝、菊池桃子、森山直太朗、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子、萩原利久らがキャストに名を連ねる。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日(月)より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、佐久本宝、菊池桃子、森山直太朗、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/