『パピチャ 未来へのランウェイ』本編冒頭映像 内戦下、大学寮を抜け出しナイトクラブへ

『パピチャ 未来へのランウェイ』本編冒頭映像 内戦下、大学寮を抜け出しナイトクラブへ

 10月30日より公開される映画『パピチャ 未来へのランウェイ』の本編冒頭映像が公開された。

 本作は、物語の舞台であるアルジェリアに17歳まで暮らし、この映画が長編映画監督デビュー作となるムニア・メドゥール自身の経験から生まれた物語。アルジェリアで1991年に始まった内戦、いわゆる“暗黒の10年”を舞台に、イスラム原理主義による女性弾圧の真実を、ファッションデザイナーを夢見る少女の視点で描く。タイトルの“パピチャ”とは、アルジェリアのスラングで、“愉快で魅力的で常識にとらわれない自由な女性”という意味。

 第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品された本作は、昨年12月に大統領選を控え政治情勢が不安定となっていた本国アルジェリアでは、昨年9月に実施が予定されていた先行上映が当局によって説明なしに中止された。第92回アカデミー賞国際長編映画賞への代表選出が、エントリー要件(同年9月30日までに本国での上映が必要)を満たさないとして危ぶまれたが、制作陣が政府からの圧力があったと訴え、最終的に特例措置でアルジェリア代表として認められた。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』本編冒頭映像

 公開された映像では、1990年代のアルジェリアの様子が。ファッションデザイナーを夢見る大学生のネジュマ(リナ・クードリ)は、親元を離れ大学寮で暮らしている。夜はルームメイトで親友でもあるワシラ(シリン・ブティラ)とナイトクラブに繰り出すのが楽しみのひとつだ。この夜もネジュマとワシラは、寮の部屋からこっそり抜け出し、ナイトクラブに向かうために待たせていた白タクの元へと走っていく。

 ふたりはタクシーに乗るや上機嫌にゴージャスなドレスに着替え始めるが、運転手は「この車はキャバレーじゃないぞ」と完全に呆れた様子。ネジュマがお気に入りの曲をかけながら見るアルジェの街は、いたるところがネオンで照らされ、車や人々が行き交い、眠らない街の賑わいを感じさせる一方で、武装グループによる襲撃事件を伝えるニュースがラジオで流れ、イスラム教のモスクで大勢の人が礼拝をしている様子など、この街を覆う現実も伝わってくる。そして突然、銃を携えた男たちによる検問に気が付いた運転手が「音楽を消せ」と告げると、ふたりは持っていた布で急いで身体を覆った。

 メドゥール監督は、「“あの時代を描きたい”というのが出発点だった。海外では1990年代のテロ映像を目にすることは多いけど、実際の生活は知られてない。だからこの映画ではアルジェリア社会の内側を見せたかった。その中心は少女たちの小さな世界、繭のように心地のいい女性たちの世界よ。彼女たちを中心に当時の闘いを描きたかった」と本作への想いを語っている。また監督は、「脚本を書いている時から、音楽は1990年代のものを使うと決めていた。アルジェリアの若者たちは、世界中のほかの国の若者と同じ音楽を聴いていた。彼らと同じヒット曲を聴いて踊り、お祭り騒ぎをしてたの」と自身のアルジェリア時代の思い出を語る。

 また、本作公式noteにおいて<選択>をテーマにしたエッセイ連載企画「マイ・チョイス-わたしがした、自分らしく生きるための選択」が本日始動。第1弾として、2015年に『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞を受賞した小説家の柚木麻子氏によるエッセイ「『守りたい』の殺意」が掲載中だ。今後も、10名以上によるエッセイを掲載していく。

■公開情報
『パピチャ 未来へのランウェイ』
10月30日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督:ムニア・メドゥール
出演:リナ・クードリ、シリン・ブティラ、アミラ・イルダ・ドゥアウダ、ザーラ・ドゥモンディ
配給:クロックワークス
2019年/フランス・アルジェリア・ベルギー・カタール/スコープサイズ/109分/アラビア語・フランス語・英語/原題:Papicha/映倫G
(c)2019 HIGH SEA PRODUCTION – THE INK CONNECTION – TAYDA FILM – SCOPE PICTURES – TRIBUS P FILMS – JOUR2FETE – CREAMINAL – CALESON – CADC
公式サイト:papicha-movie.com
公式Twitter:@papichamovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる