『銀魂 THE FINAL』ポスター&予告編 主題歌はSPYAIR、挿入歌はDOESと銀魂ファミリーがカムバック

 2021年1月8日に公開されるアニメ『銀魂』の劇場版第3作『銀魂 THE FINAL』のポスターと予告編が公開された。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載された、シリーズ累計発行部数5500万部を超える空知英秋の人気コミック。アニメシリーズは15年間続いており、有名アニメや漫画のパロディ、大量のモザイク処理、「終わる終わる」詐欺、全く反省の色を見せない度重なる謝罪などが話題に。テレビ最終回は、話の途中で突然終わるという前代未聞の暴挙でラストを迎えた。本作は、“今度こそ本当に”完結するという劇場版第3作となる。「原作のラスト」をベースに制作が進んでいる。

 本ポスタービジュアルは、キャラクターデザインが一新され映画仕様にバージョンアップされた、万事屋、高杉、桂、真選組、そしてかぶき町の面々が集合している。

 また本編映像が初お披露目となった予告は、ついに地球滅亡のカウントダウンが始まり最悪の事態となった江戸の姿が。『銀魂』最後の敵は、悲しい絆を持つ、銀時たちを教え導いた師匠・吉田松陽の別人格・虚だった。銀時と共に戦うことを決めた新八と神楽、そしてかつての盟友の高杉、桂、さらには真選組も、それぞれの想いを胸に最後の戦いに向かう。

映画『銀魂 THE FINAL』予告編

 本作について、監督・脚本を務める宮脇千鶴は、「ちょっと待って? もう10月なんです?……13月末……いや14月には無事に完成していると思います。お楽しみに!」と作品の完成を待つファンに向けてコメント。そして、プロデューサーの前川貴史は「『銀魂 THE FINAL』のために、たくさんのクリエイターが集まってくれました。その中には懐かしい顔ぶれもあって、ちょっとした同窓会です。そんな我々アニメスタッフが、アニメ銀魂の集大成を描きます。『時間が足りねェェェェェ!!!』と悶えながら作ってます。皆様も悶えながら、もう少しだけお待ちください」と語った。

 予告内では、主題歌としてSPYAIRの「轍~Wadachi~」が初お披露目された。SPYAIRが『銀魂』と組むのはテレビアニメシリーズで3作、劇場版は2作目となる。「銀魂のフィナーレを彩ることが出来て最高」と語り「万事屋のフィナーレにどんぴしゃりの楽曲が出来た。2021年の幕開けは映画館で銀魂の集大成を拝みましょう!」と銀魂ファンに向けてコメントした。また、劇中挿入歌はこちらも『銀魂』ファンにはお馴染みのDOESが担当することも決定した。

 また、本作のムビチケも10月16日から発売開始。第1弾ムビチケは原作者・空知英秋描き下ろしビジュアル、そして11月13日から発売の第2弾ムビチケでは本ビジュアルが使用されている。

 さらに10月10日正午よりYouTubeの「銀魂チャンネル」の開設が決定。開設と同時にテレビシリーズ各1話など合計9話分を配信、さらに同日19時からは『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』も限定配信される。

コメント

宮脇千鶴(監督・脚本)

ちょっと待って? もう10月なんです?……13月末…いや14月には無事に完成していると思います。お楽しみに!

前川貴史(バンダイナムコピクチャーズ プロデューサー)

『銀魂 THE FINAL』のために、たくさんのクリエイターが集まってくれました。その中には懐かしい顔ぶれもあって、ちょっとした同窓会です。そんな我々アニメスタッフが、アニメ銀魂の集大成を描きます。「時間が足りねェェェェェ!!!」悶えながら作ってます。皆様も悶えながら、もう少しだけお待ちください。

SPYAIR(主題歌担当)

銀魂のフィナーレを彩ることが出来るなんて最高です!! ありがとうございます!
かぶき町四天王篇から長らく旅路をお供させていただいたのですが、いよいよと思うと寂しさもあります。
俺らのバンドライフを大きく変えてくれた偉大な作品に出会えた事、本当に感謝しています。
俺らのサムライハートはずっと万事屋と共にあります。
万事屋のフィナーレにどんぴしゃりの楽曲が出来たので、銀魂ファンの皆さん2021年の幕開けは映画館で銀魂の集大成を拝みましょう!

■公開情報
『銀魂 THE FINAL』
2021年1月8日(金)公開
監督・脚本:宮脇千鶴
監修:藤田陽一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
公式サイト:gintamamovie.jp
公式Twitter:@gintamamovie